コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際アンデルセン賞 コクサイアンデルセンショウ

4件 の用語解説(国際アンデルセン賞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくさいアンデルセン‐しょう〔‐シヤウ〕【国際アンデルセン賞】

文学賞の一。1956年創設。2年に一度、国際児童図書評議会IBBY)から、優れた児童文学の作家・画家を対象に贈られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国際アンデルセン賞

子どもの本に貢献してきた作家・画家の作品を対象に、国際児童図書評議会(事務局・スイス)から2年に1度、贈られる。作家賞、画家賞の2部門があり、日本人では1994年に詩人まど・みちおさんが作家賞を受賞。画家賞は80年に赤羽末吉さん、84年に安野光雅さんが受賞している。今年の画家賞はドイツのユッタ・バウアーさんが受賞した。「おこりんぼママ」などの訳書がある。

(2010-10-29 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

国際アンデルセン賞

国際児童図書評議会(IBBY)が主催する児童文学の国際賞。作家賞は1956年、画家賞は1966年に創設。作家賞第1回の受賞者は、スイスのイエラ・レップマンと英国のエリナー・ファージョン。画家賞第1回の受賞者は、スイスのアロワ・カリジェ。日本からは、画家の赤羽末吉(1980年)、安野光雅(1984年)、詩人のまどみちお(1994年)、小説家の上橋菜穂子(2014年)らが受賞している。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際アンデルセン賞
こくさいあんでるせんしょう
Hans Christian Andersen Awards

世界各国の現存作家と画家の全業績に対し贈られる児童文学賞。IBBY(国際児童図書評議会)が、1956年に創設した。2年に一度、作家賞と画家賞の各1名が選出され、受賞者にはIBBY世界大会において賞状とメダルが授与される。デンマークの著名な童話作家アンデルセンの名を冠する同賞は、デンマーク女王マルグレーテ2世(在位1972~ )の後援を受けて運営されており、高い選考水準から「小さなノーベル賞」とも称される。なお、1960年の表彰までは作家の全業績ではなく作品が受賞対象であった。また、画家賞は1966年に設けられた。
 日本人では、画家賞を1980年(昭和55)に赤羽末吉(あかばすえきち)(1910―1990)、1984年に安野光雅(あんのみつまさ)が受賞。作家賞を1994年(平成6)にまど・みちお(1909―2014)が、2014年(平成26)に上橋菜穂子(うえはしなほこ)(1962― )が受賞している。[編集部]

資料 国際アンデルセン賞受賞者

1956年
〔名誉賞〕イエラ・レップマン(スイス)
〔作家賞〕エリナー・ファージョン『ムギと王さま』(イギリス)
1958年
〔作家賞〕アストリッド・リンドグレーン『さすらいの孤児ラスムス』(スウェーデン)
1960年
〔作家賞〕エーリヒ・ケストナー『わたしが子どもだったころ』(西ドイツ)
1962年
〔作家賞〕マインダート・ディヤング(アメリカ)
1964年
〔作家賞〕ルネ・ギヨ(フランス)
1966年
〔作家賞〕トーベ・ヤンソン(フィンランド)
〔画家賞〕アロワ・カリジェ(スイス)
1968年
〔作家賞〕ジェームス・クリュス(西ドイツ)
     ホセ・マリア・サンチェスシルバ(スペイン)
〔画家賞〕イジー・トルンカ(チェコスロバキア)
1970年
〔作家賞〕ジャンニ・ロダーリ(イタリア)
〔画家賞〕モーリス・センダック(アメリカ)
1972年
〔作家賞〕スコット・オデール(アメリカ)
〔画家賞〕イブ・スパング・オルセン(デンマーク)
1974年
〔作家賞〕マリア・グリーペ(スウェーデン)
〔画家賞〕ファルシード・メスガーリ(イラン)
1976年
〔作家賞〕セシル・ボトカー(デンマーク)
〔画家賞〕タチヤーナ・マーブリナ(ソ連)
1978年
〔作家賞〕ポーラ・フォックス(アメリカ)
〔画家賞〕スベン・オットー(デンマーク)
1980年
〔作家賞〕ボフミル・ジーハ(チェコスロバキア)
〔画家賞〕赤羽末吉(日本)
1982年
〔作家賞〕リギア・ボシュンガ・ヌーネス(ブラジル)
〔画家賞〕ズビグニェフ・リフリツキ(ポーランド)
1984年
〔作家賞〕クリスティーネ・ネストリンガー(オーストリア)
〔画家賞〕安野光雅(日本)
1986年
〔作家賞〕パトリシア・ライトソン(オーストラリア)
〔画家賞〕ロバート・イングペン(オーストラリア)
1988年
〔作家賞〕アニー・M・G・シュミット(オランダ)
〔画家賞〕ドゥシャン・カーライ(チェコスロバキア)
1990年
〔作家賞〕トールモー・ハウゲン(ノルウェー)
〔画家賞〕リスベート・ツベルガー(オーストリア)
1992年
〔作家賞〕バージニア・ハミルトン(アメリカ)
〔画家賞〕クビエタ・パツォウスカー(チェコスロバキア)
1994年
〔作家賞〕まど・みちお(日本)
〔画家賞〕イエルク・ミュラー(スイス)
1996年
〔作家賞〕ウーリー・オルレブ(イスラエル)
〔画家賞〕クラウス・エンジカート(ドイツ)
1998年
〔作家賞〕キャサリン・パターソン(アメリカ)
〔画家賞〕トミー・アンゲラー(フランス)
2000年
〔作家賞〕アナ・マリア・マシャド(ブラジル)
〔画家賞〕アンソニー・ブラウン(イギリス)
2002年
〔作家賞〕エイダン・チェンバーズ(イギリス)
〔画家賞〕クェンティン・ブレイク(イギリス)
2004年
〔作家賞〕マーティン・ワッデル(アイルランド)
〔画家賞〕マックス・ベルジュイス(オランダ)
2006年
〔作家賞〕マーガレット・マーヒー(ニュージーランド)
〔画家賞〕ボルフ・エァルブルッフ(ドイツ)
2008年
〔作家賞〕ユルク・シュービガー(スイス)
〔画家賞〕ロベルト・インノチェンティ(イタリア)
2010年
〔作家賞〕デイビッド・アーモンド(イギリス)
〔画家賞〕ユッタ・バウアー(ドイツ)
2012年
〔作家賞〕マリア・テレサ・アンドゥルエット(アルゼンチン)
〔画家賞〕ピーター・シス(チェコ)
2014年
〔作家賞〕上橋菜穂子(日本)
〔画家賞〕ホジェル・メロ(ブラジル)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際アンデルセン賞の関連キーワードこどもの日現実性あけぼの子どもの森公園エンダーの子どもたち国際子どもの本の日世界の子どもの日小さな世界夜訪ねてきた女浜田市世界こども美術館広島市現代美術館

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際アンデルセン賞の関連情報