コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際地役 こくさいちえきinternational servitude

4件 の用語解説(国際地役の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際地役
こくさいちえき
international servitude

国家間の合意によって他国の利益のために特定の国家の領域権に対して課せられる制限をいう。国際地役によって負担を課せられる国を承役国,負担を課せられる領域を承役地,それによって権利あるいは利益を得る国を要役国という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいちえき【国際地役 international servitude】

条約により,他国の利益のために,ある国家の領域に課せられる負担。負担を課せられる領域を〈承役地〉,負担を義務づけられる国家を〈承役国〉という。これに対し,利益を受ける国家を〈要役国〉という。国際地役には,承役国が承役地に要役国の一定の権能を認める積極的地役と,承役国が要役国のために承役地で一定の権能の行使を控える義務を負う消極的地役がある。国際地役は条約によって課せられる負担であるから,承役国が承役地に要役国の軍隊の通過を認めるのは,積極的地役であるが,領海に外国船の無害通航を認める一般国際法上の義務は,国際地役ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone