コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地球電磁気学 ちきゅうでんじきがく geomagnetism and geoelectricity

2件 の用語解説(地球電磁気学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちきゅうでんじきがく【地球電磁気学 geomagnetism and geoelectricity】

地磁気(地球磁場)の観測を通して地磁気の性質や原因,地球の電磁気学的性質を研究する学問分野。なぜ磁石は北を指すかという素朴な疑問のためか研究の歴史は古いが,近代科学としての基礎を築いたのは19世紀のC.F.ガウスであり,詳細にわかってきたのはつい最近のことである。 地球電磁気学は以下の分野などから構成される。地磁気の観測の分野では,地磁気永年変化などの地球内部に原因がある現象を観測する分野と,磁気あらしなどの外部原因の現象を観測する分野があるが,一般に後者は電離圏とか磁気圏の研究を行う超高層物理学に含めて扱う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地球電磁気学
ちきゅうでんじきがく
geomagnetism

地球のもっている固有の磁場の分布、時間変化、成因、地球内外の物質や場との相互作用などを研究する地球物理学の一分野。ロケット人工衛星などの観測手段の飛躍的な進歩に伴って、対象とされる領域は地球近傍から地球磁気圏、惑星間空間へと大きく広がってきた。現在の地球電磁気学には次のようなさまざまな研究が含まれている。
 (1)現在の地球磁場の分布や成因に関連した、地球内部物質の電磁気的性質、主磁場、永年変化、ダイナモ理論についての研究。(2)岩石のもつ残留磁化によって数千年から数十億年というさまざまなタイムスケールについての磁場の変化を調べる(古地磁気学)。(3)高度50~250キロメートルに広がる電離層内での、荷電粒子や中性大気のようすを研究する(電離圏物理学)。(4)さらに外側の、地球半径の数十倍までの地球磁気圏での諸現象(オーロラ、磁気嵐(あらし)など)を対象とする(磁気圏物理学)。(5)さらに遠く、太陽から吹き寄せる高速のプラズマ流である太陽風と、地球その他惑星磁気圏との相互作用の解明を目ざす(太陽地球系物理学)、などである。(3)~(5)はまとめて超高層物理学または太陽系空間物理学とよばれることが多い。[河野 長]
『大林辰蔵著『宇宙空間物理学』(1970・裳華房) ▽力武常次著『地球電磁気学』(1972・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地球電磁気学の関連キーワード古地磁気学磁気圏磁力計地磁気古地磁気磁気図磁気赤道地磁気極磁気子午線地磁気の逆転

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地球電磁気学の関連情報