コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土居光知 ドイコウチ

デジタル大辞泉の解説

どい‐こうち〔どゐクワウチ〕【土居光知】

[1886~1979]英文学者。高知の生まれ。東北大教授。西洋文学の知識から日本文学研究に新しい領域と方法を開拓した。著「文学序説」「英文学の感覚」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

土居光知【どいこうち】

英文学者,日本古典文学研究者。高知県生れ。東大英文学科卒。ロマン派を中心に幅広い英文学研究の業績がある。《文学序説》(1922年)において,文化人類学比較神話学に基づく方法により,東西文学を比較研究,東西文学の類型を抽出するとともにその展開を示し,日本文学研究の独自の方法と領域を提示して反響を呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土居光知 どい-こうち

1886-1979 大正-昭和時代の英文学者,古典学者。
明治19年8月29日生まれ。東京女子大教授などをへて,大正13年東北帝大教授,のち津田塾大教授。ロマン派の詩人を研究し,ジョイス,ローレンスらを紹介。文化人類学,比較神話学の手法をとりいれて日本古典文学を分析,「文学序説」「古代伝説と文学」などをあらわした。昭和54年11月26日死去。93歳。高知県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どいこうち【土居光知】

1886‐1979(明治19‐昭和54)
英文学者。高知県に生まれ,東京帝国大学英文学科を卒業。東京高等師範教授を経て,東北帝国大学教授となる。イギリス・ロマン派詩人やW.ペーターの研究から出発したが,J.G.フレーザーの《金枝篇》やG.G.A.マレー,J.E.ハリソンの著述など文化人類学,比較神話学から影響を受け,日本古典文学を広い文学類型学の立場から考究した《文学序説》(1922)は,のちの欧米の神話批評理論,構造主義文学理論に一歩先んじたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どいこうち【土居光知】

1886~1979) 英文学者。高知県生まれ。東大卒。東北大教授。ロマン派詩人などの研究の一方、比較神話学の方法を導入して日本の古典文学の類型を考察した「文学序説」を著す。他に著「英文学の感覚」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土居光知
どいこうち

[生]1886.8.29. 高知,十市
[没]1979.11.26. 東京
英文学者,古典学者。第三高等学校を経て 1910年東京大学英文科卒業。立正大学東京女子大学東京高等師範学校で英文学を講じ,48年東北大学教授退官。 P.シェリー,W.ブレークらイギリスのロマン派詩人を研究,個々の作品に具体化される以前の感覚の問題を重視して『英文学の感覚』 (1935) を発表,さらに『評伝 D.H.ロレンス』 (36) によってロレンス研究の流行を生み出すなど,昭和初期の文学運動に新しい刺激を与えた。また『文学序説』 (22) は東西文学の始源をたどり日本文学研究に新生面を開いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土居光知
どいこうち
(1886―1979)

英文学者。高知県に生まれる。東京帝国大学英文科卒業。シェリー、ブレイクらロマン派詩人の研究や近代の文芸批評の系列をたどって批評精神を追究、ジョイス、ローレンス、ハクスリーらを紹介するなど、英文学研究に業績を残した。また『文学序説』(1922)では、外国文学の知識から日本文学研究に新しい領域と方法を開拓、とくに比較神話学、人類学の知識による文学起原論、日本文学の類型と展開の説は、未開の分野を拓(ひら)いたものである。[山中信夫]
『『土居光知著作集』全五巻(1977・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の土居光知の言及

【基礎語彙】より

…さらに,計画的・系統的に制限された語彙だけで,すべてのことを一応表現できるよう考案されたものをふつう〈基礎語彙〉といい,C.K.オグデンのベーシック・イングリッシュ(850語)が有名である。これにならい日本では英文学者の土居光知が1933年,《基礎日本語》(1000語,のち100語追加)を発表した。 これとは別に,アメリカの言語学者スワデシュMorris Swadesh(1909‐67)は1950年に〈基礎語彙〉の名を用いて,彼のいわゆる〈言語年代学glottochronology〉における核心的語彙,すなわち,社会的激変によってもあまり変動しない部分をさし,これは言語の差異にもかかわらず変化の速度が一定であるとの仮説を立てた。…

※「土居光知」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

土居光知の関連キーワードナンバースクール岩石区松原のぶえ白都真理長谷川真弓不条理日記赤い鳥SF映画日雇労働者帝国大学

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone