土方 巽(読み)ヒジカタ タツミ

  • 土方 巽 (ひじかた たつみ)

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の舞踏家



生年
昭和3(1928)年3月9日

没年
昭和61(1986)年1月21日

出生地
秋田県南秋田郡旭川村(現・秋田市)

本名
元藤 九日生(モトフジ クニオ)

旧姓(旧名)
米山

学歴〔年〕
秋田工業学校〔昭和22年〕卒

経歴
秋田市で江口隆哉門下の増村克子に師事した後、昭和24年上京し、クラシックバレエやモダンダンス、パントマイムを学ぶ。34年体の重心を低くした独自のスタイルの舞踏の出発点となった「禁色(きんじき)」を発表。やがて“暗黒舞踏派”を結成、「あんま」「トマト」「肉体と叛乱」を発表。45年土方巽燔犠大踏鑑を名のり「ギパサ」などを発表。47年「四季のための二十七晩」で演出・振付・出演を行う。その後、東京・目黒のアスベスト館での連続公演などで舞踏独特のスタイルをみがきあげ、日本のアンダーグラウンド芸術の教祖的存在となった。門下から芦川羊子麿赤児などを輩出、海外での評価も高かった。著書に「犬の静脈に嫉妬することから」「病める舞姫」、「土方巽全集」(全2巻)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
舞踏家

本名
元藤 九日生(モトフジ クニオ)

旧名・旧姓
米山

別名
前名=土方 九日生

生年月日
昭和3年 3月9日

出生地
秋田県 南秋田郡旭川村(秋田市)

学歴
秋田工業学校〔昭和22年〕卒

経歴
秋田製鋼に勤務の傍ら、江口隆哉門下の増村克子に師事して踊りを学ぶ。しかし、昭和22年溶鉱炉の爆発で大火傷を負い、長い闘病生活を送る。27年上京し、クラシックバレエやモダンダンス、パントマイムを学ぶ。28年安藤三子舞踊公演で初舞台、芸名・土方九日生を名乗る。大野一雄の舞踊に衝撃を受け兄事し、33年現代舞台芸術出演で土方巽に改名。34年体の重心を低くした独自のスタイルの舞踏の出発点となった「禁色(きんじき)」を発表。36年“暗黒舞踏派”を結成、「あんま」「バラ色のダンス」「性愛思懲学指南図絵―トマト」「土方巽と日本人―肉体の叛乱」を発表。45年土方巽燔犠大踏鑑を名乗り「ギパサ」などを発表。47年「四季のための二十七晩」で演出・振付・出演を行う。49年からは、東京・目黒のアスベスト館での連続公演などで舞踏独特のスタイルをみがきあげ、日本のアンダーグラウンド芸術の教祖的存在となった。門下から天児牛大、芦川羊子、麿赤児などを輩出、海外での評価も高かった。細江英公との写真集に「鎌鼬」(44年)、著書に「犬の静脈に嫉妬することから」「病める舞姫」、「土方巽全集」(全2巻)などがある。

没年月日
昭和61年 1月21日 (1986年)

家族
妻=元藤 燁子(舞踏家)

伝記
綺想礼讃Corpus(コルプス)―身体表現批評〈no.4〉特集 土方巽土方巽 絶後の身体暗黒舞踏論舞踏(BUTOH)大全―暗黒と光の王国土方巽の舞踏―肉体のシュルレアリスム身体のオントロジー土方巽を読む―母性とカオスの暗黒舞踏土方巽の方へ―肉体の60年代舞踏の水際土方巽舞踏大鑑―かさぶたとキャラメル器としての身体―土方巽・暗黒舞踏技法へのアプローチ土方巽とともに土方巽頌―「日記」と「引用」に依る美貌の青空 松山 俊太郎 著コルプス(Corpus) 編稲田 奈緒美 著清水 正 著原田 広美 著川崎市岡本太郎美術館,慶応義塾大学アート・センター 編清水 正 著種村 季弘 著中村 文昭 著種村 季弘,鶴岡 善久,元藤 燁子 編三上 賀代 著元藤 燁子 著吉岡 実 著土方 巽 著(発行元 国書刊行会コルプス,書苑新社〔発売〕日本放送出版協会鳥影社現代書館慶応義塾大学出版会鳥影社河出書房新社思潮社悠思社ANZ堂,波書房〔発売〕筑摩書房筑摩書房筑摩書房 ’10’08’08’05’04’04’02’01’00’93’93’90’87’87発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1928年3月9日
昭和時代の舞踏家
1986年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土方 巽の関連情報