地蔵盆(読み)じぞうぼん

精選版 日本国語大辞典「地蔵盆」の解説

じぞう‐ぼん ヂザウ‥【地蔵盆】

〘名〙 京都で、八月二二日から二四日まで(古くは七月)行なわれる行事。各町内の石地蔵を当番の家に移し、あるいは(ほこら)の前にテントや床几を設け、灯籠、供物などのお飾りをしてこれをまつり、さまざまの余興を行なう。大阪にも同様な風習がある。地蔵祭地蔵会。《・秋》
※妻木(1904‐06)〈松瀬青々〉秋「ただに見し家蔭の石や地蔵盆」
細雪(1943‐48)〈谷崎潤一郎〉上「家族は八月の地蔵盆を済ましてから、廿九日の日曜の夜行で上京する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「地蔵盆」の解説

地蔵盆
じぞうぼん

地蔵を中心とする主として8月(旧暦では7月)24日の行事。西日本、とくに近畿地方で盛んに行われる。寺や地域で(まつ)る地蔵尊に飾り付けをしたり供え物をし、そこで子供たちが遊んだり、年寄りたちが御詠歌をあげたり、盆踊りをしたりする所が多い。火祭も広く行われ、これを愛宕(あたご)信仰と関連づける考えもあるが、この日を送り盆、アトボンとしている所の多いことから、盆の送り火とみることもできる。

[田中宣一]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「地蔵盆」の解説

地蔵盆【じぞうぼん】

地蔵信仰から生まれた行事。京都では六地蔵を巡礼する六地蔵巡りとして8月23・24日に行われる。もとは旧暦7月24日,地蔵の縁日の行事で,盆祭の終りの日であったため地蔵盆と呼ばれるようになったという。この日子どもたちは石地蔵に香花などをたむける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「地蔵盆」の解説

じぞう‐ぼん〔ヂザウ‐〕【地蔵盆】

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会じぞうえ 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「地蔵盆」の解説

じぞうぼん【地蔵盆】

8月23,24日に行われる地蔵をまつる行事のこと。京都を中心とする近畿地方で子どもによって行われている。地蔵が子どもと関係が深い仏だからという。福井県小浜ではどのにも賽銭箱が用意されていて,おとなが近づいて行くと〈参ってんのう,参ってんのう〉と参拝をせがまれるという。ことに日本海側では地蔵を絵具などできれいに化粧するところが多い。 毎月の24日が地蔵の縁日であるということは,平安時代中期以来みられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android