コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坊っちゃん ボッチャン

デジタル大辞泉の解説

ぼっちゃん【坊っちゃん】[書名]

夏目漱石の小説。明治39年(1906)発表。東京から四国松山に赴任した中学教師「坊っちゃん」の、痛快な正義感あふれる行動を軽妙に描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

坊っちゃん

夏目漱石が、1906年に文芸雑誌「ホトトギス」に発表した小説。漱石が旧制松山中学校に勤務した経験をもとに、「親譲りの無鉄砲」な青年教師の姿を描いた。登場人物のモデルには諸説ある。「赤シャツ」は漱石自身とされたり、金沢市出身の考古学者、横地石太郎とされたり。主人公「おれ」自身、漱石ではなく、松山中で漱石と同時期に教員をしていた山口県出身の弘中又一だとの説もある。

(2010-11-05 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

坊っちゃん【ぼっちゃん】

夏目漱石中編小説。1906年《ホトトギス》に発表。作者の松山時代の体験を基にして,正義派の江戸っ子教師の痛快な活躍ぶりを描いたもので,初期の代表作とされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坊っちゃん ぼっちゃん

夏目漱石(そうせき)の小説「坊つちやん」の主人公。
四国松山の中学に赴任した28歳の数学教師。行動的で正義心がつよい江戸っ子で,俗物教師赤シャツらを相手に痛快な活躍をする。明治39年「ホトトギス」に発表されたもので,以来,ひろく愛読されている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼっちゃん【坊っちゃん】

小説。夏目漱石作。1906年(明治39)「ホトトギス」に発表。松山の中学教師になった江戸っ子「坊っちゃん」の正義感を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

坊っちゃんの関連キーワード松山城らくトクセット券愛媛県松山市道後湯之町伊予鉄道松山市内線愛媛県東温市見奈良癇癪持ち・癇癪持べっかんこうぱちつかせるうんてれがん駄目を踏む指嗾・使嗾荒肝を拉ぐ肯綮に中るべらんめえ踵を踏む捉まえる取付き所筋が違う道後温泉大べら片割れ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坊っちゃんの関連情報