堀野正雄(読み)ほりのまさお

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀野正雄
ほりのまさお
(1907―1998)

写真家。1920年代末から40年代前半にかけて活躍した、日本のフォト・ジャーナリストの先駆けの一人。東京市京橋区木挽(こびき)町(現東京都中央区銀座)生まれ。中学生のころから写真に興味をもち、1923年(大正12)、東京・赤坂の演技座で行われた舞踊家高田雅夫(1895―1929)の舞踊公演をフラッシュ等を使わず舞台照明のみで撮影。24年からは新劇運動の中心拠点だった築地小劇場に出入りし、舞台撮影の実験に取り組む。27年(昭和2)東京高等工業学校(現東京工業大学)応用化学科を卒業。同年築地小劇場の舞台写真を中心に構成した「堀野正雄個人演劇写真展覧会」(丸ビル丸菱呉服店ギャラリー、東京)を開催した。
 29年村山知義(ともよし)らと「国際光画協会」を結成し、社会の生きた姿を正確、迅速に伝達するマスコミュニケーション手段としての写真の方法論を打ち立てるべきことを主張。30年には雑誌『フォトタイムス』編集主幹の木村専一(1891?―1938)らと「新興写真研究会」を結成。同年から翌年にかけ、「機械」をキーワードに新時代の美学を論じていた美術史家・美術批評家板垣鷹穂(たかお)(1894―1966)の指導のもと、巨大船舶、鉄橋、ガスタンク、起重機、機関車といった機械的構造物をさまざまなレンズ機能、アングル、暗室処理法を駆使して表現する実験をおしすすめた。その成果は、板垣の著書『優秀船の芸術社会学的分析』(1930)に一部収録され、また堀野の作品集『カメラ・眼×鉄・構成』(1932)にまとめられた。さらに堀野は、「都市の性格描写」をねらい、都市光景のさまざまな断片的ショットをつなぎあわせ、雑誌の連続するページ上にストーリーを構成していくグラフ・モンタージュの試みに着手。『中央公論』31年10月号に発表した「大東京の性格」(編集板垣)以降、翌年にかけて『犯罪科学』誌に「首都貫流――隅田川アルバム」(編集村山)、「玉川べり」(シナリオ北川冬彦)、「蔓延する東京」(構成武田麟太郎)などを次々に雑誌に発表、社会的ドキュメンタリーの新たな可能性を探究した。
 33年に雑誌『婦人画報』の嘱託カメラマンとなり、同誌や『主婦の友』『アサヒグラフ』『キング』『科学知識』といった諸雑誌のグラフページで、女性のモード写真、広告写真、報道写真を数多く発表。38年に朝鮮総督府鉄道局の依頼で朝鮮半島各地を取材撮影。40年には陸軍報道部嘱託となり上海(シャンハイ)へ渡り、軍による中国への文化宣伝の一環として移動式の写真壁画(引き伸ばしやモンタージュなどの技法をもちいた仮設の壁画)の制作などに従事した。第二次世界大戦後は写真家活動から離れ、49年(昭和24)に株式会社ミニカム研究所を創設、写真用フラッシュやストロボの開発・製造などの事業を晩年まで続けた。[大日方欣一]
『『満蒙開拓団の回想』(1993・堀野洋子記念親洋会事務局) ▽『日本の写真家12 堀野正雄』(1997・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android