緊と(読み)ヒシト

デジタル大辞泉「緊と」の解説

ひし‐と【緊と/×犇と】

[副]
すきまなく密着するさま。しっかりと。ぴったりと。「―身を寄せる」「―抱きしめる」
深く心や身に感じるさま。「真心を―感じる」
強く押されて鳴るさま。
「ぬばたまの夜はすがらにこのとこの―鳴るまで嘆きつるかも」〈・三二七〇〉
すきまなく並ぶさま。ぎっしりと。びっしりと。
にも―並みゐたり」〈平家・二〉
ゆるみなく物事をするさま。しっかりと。
「―国治まり」〈愚管抄・三〉
力を入れて激しく動作をするさま。
「肩を―食ひたりければ」〈今昔・二七・四四〉
[類語]堅いきついぎゅっときゅっとがっちりかっちりしかがっちりしっかりがっしり堅固頑丈堅牢頑強強固牢固ぎゅうぎゅうぎゅうきゅうきゅうぴたり

みし‐と【緊と】

[副]力を入れて何かをするさま。しかと。ひしと。
「立ちながらきぬごしに―いだきて」〈著聞集・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android