コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緊と/犇と ヒシト

デジタル大辞泉の解説

ひし‐と【緊と/×犇と】

[副]
すきまなく密着するさま。しっかりと。ぴったりと。「―身を寄せる」「―抱きしめる」
深く心や身に感じるさま。「真心を―感じる」
強く押されて鳴るさま。
「ぬばたまの夜はすがらにこの床(とこ)の―鳴るまで嘆きつるかも」〈・三二七〇〉
すきまなく並ぶさま。ぎっしりと。びっしりと。
「庭にも―並みゐたり」〈平家・二〉
ゆるみなく物事をするさま。しっかりと。
「―国治まり」〈愚管抄・三〉
力を入れて激しく動作をするさま。
「肩を―食ひたりければ」〈今昔・二七・四四〉

みし‐と【緊と】

[副]力を入れて何かをするさま。しかと。ひしと。
「立ちながら衣(きぬ)ごしに―いだきて」〈著聞集・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みしと【緊と】

( 副 )
強く力を入れてするさま。しっかと。 「立ちながらきぬごしに-いだきて/著聞 8

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

緊と/犇との関連キーワード著聞

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android