コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緊と/犇と(読み)ヒシト

デジタル大辞泉の解説

ひし‐と【緊と/×犇と】

[副]
すきまなく密着するさま。しっかりと。ぴったりと。「―身を寄せる」「―抱きしめる」
深く心や身に感じるさま。「真心を―感じる」
強く押されて鳴るさま。
「ぬばたまの夜はすがらにこの床(とこ)の―鳴るまで嘆きつるかも」〈・三二七〇〉
すきまなく並ぶさま。ぎっしりと。びっしりと。
「庭にも―並みゐたり」〈平家・二〉
ゆるみなく物事をするさま。しっかりと。
「―国治まり」〈愚管抄・三〉
力を入れて激しく動作をするさま。
「肩を―食ひたりければ」〈今昔・二七・四四〉

みし‐と【緊と】

[副]力を入れて何かをするさま。しかと。ひしと。
「立ちながら衣(きぬ)ごしに―いだきて」〈著聞集・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みしと【緊と】

( 副 )
強く力を入れてするさま。しっかと。 「立ちながらきぬごしに-いだきて/著聞 8

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android