コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩化パラジウム えんかパラジウムpalladium chloride

世界大百科事典 第2版の解説

えんかパラジウム【塩化パラジウム palladium chloride】

パラジウム(I),(II),(IV)塩が知られているが,(II)塩が最も重要。
[塩化パラジウム(II)]
 化学式PdCl2。無水和物と2水和物が知られている。無水和物は赤~橙赤色,吸湿性の結晶。融点500℃。塩酸やアルカリ金属塩化物の水溶液によく溶け,テトラクロロパラジウム(II)酸イオン[PdCl4]2-を生成する。種々の錯体をつくる出発物質となる。無水和物の構造は図に示すような無限に連なった平面鎖状をしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩化パラジウム
えんかぱらじうむ
palladium chloride

パラジウムと塩素の化合物。酸化数の化合物が知られているが、もっとも安定なのはの場合である。
 塩化パラジウム()無水和物は、パラジウムを赤熱しながら塩素と反応させることによってつくられる。また、パラジウムを王水に溶かしてH2[PdCl4]溶液とし、これを加熱することによっても得られる。この方法で製造したものは水に溶けず、塩酸にかろうじて溶けるだけである。これは赤色、等軸晶系の結晶であるが、別の変態も知られている。二水和物は水溶液から得られる暗赤色、柱状の結晶で、潮解性がある。水溶液はきわめて還元されやすく、一酸化炭素、エチレン、メタンなどの還元性の気体を通ずると、黒色の金属パラジウムを析出する。メタノール(メチルアルコール)の蒸気を含んだ一酸化炭素を無水和物上に通ずると、PdCl2・COのような付加化合物を生じる。これを利用して一酸化炭素の検出試験紙がつくられる。そのほか医薬などにも用いられる。[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

塩化パラジウムの関連キーワードエチレン(脂肪族不飽和化合物)塩化パラジウム(データノート)クロロパラジウム酸塩ヘキスト‐ワッカー法アセトアルデヒドアルデヒドアルケンアセトン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android