コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘寺 たちばなでら

7件 の用語解説(橘寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橘寺
たちばなでら

奈良県中部明日香村にある天台宗の寺。仏頭山上宮院菩薩提寺と号し,橘尼寺ともいう。聖徳太子が『勝鬘経』を講じたとき,この地に蓮華が降ったので建立させたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たちばな‐でら【橘寺】

奈良県高市郡明日香(あすか)村にある天台宗の寺。正称は仏頭山上宮皇院菩提寺。開創は推古天皇14年(606)で、聖徳太子建立七か寺の一。太子誕生の地、また、勝鬘(しょうまん)経を講じた地と伝える。現在の堂宇は元治元年(1864)再興のもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

橘寺【たちばなでら】

奈良県高市郡明日香(あすか)村にある天台宗の寺。上宮王院とも。聖徳太子建立七ヵ寺の一つ。太子の生地と伝え,太子が606年にこの寺で勝鬘(しょうまん)経を講じたと伝える。
→関連項目明日香[村]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

橘寺

奈良県高市郡明日香村にある寺院。創建年不明。宗派は天台宗、本尊は聖徳太子。聖徳太子の誕生地に自身が創建したとされる。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たちばなでら【橘寺】

奈良県高市郡明日香村にある天台宗の寺。正式には仏頭山上宮皇院(じようぐうおういん)菩提寺といい,通称橘寺または橘樹(たちばな)寺と呼ばれる。聖徳太子建立7ヵ寺の一つ。606年(推古14)太子が勝鬘(しようまん)経を講じたとき,蓮華が降ったので寺を建てたと伝える。763年(天平宝字7)に封50戸,795年(延暦14)に稲2000束を施入されて,かなりの規模を有したようで,平安中期には大講堂,金堂,塔,灌頂(かんぢよう)堂,太子殿などの堂舎が存した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たちばなでら【橘寺】

奈良県明日香村にある天台宗の寺。正式名は仏頭山上宮院菩提寺。聖徳太子生誕の地で、また太子が勝鬘経しようまんぎようを講じたところと伝えられる。現在の堂宇は1864年再興のもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橘寺
たちばなでら

奈良県高市(たかいち)郡明日香(あすか)村にある寺。仏頭山上宮院菩提寺(ぼだいじ)の俗称。天台宗に属する。聖徳太子誕生地と伝えられ、606年(推古天皇14)聖徳太子が推古天皇のために『勝鬘経(しょうまんぎょう)』を講ぜられたとき、天から蓮華(れんげ)を降らせた奇瑞(きずい)にちなんで創建されたといわれる。聖徳太子建立七か寺の一つに数えられ、盛時には諸堂完備し、宝物も多くあったが、681年(天武天皇10)被災、中世はことに衰え、1864年(元治1)ようやく現在の堂宇を復興した。
 承暦(じょうりゃく)年間(1077~81)宣旨により寺宝の玉虫厨子(たまむしずし)、金銅四十八体仏などを法隆寺に移した。境内(史跡)には参道わきに塔礎石が残り、二面石とよばれる石像が太子殿の左方にある。文化財も多く、日羅(にちら)像といわれる平安初期の木像、土佐光信(みつのぶ)筆という『太子絵伝』などが国の重要文化財に指定されている。[若林隆光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

橘寺の関連情報