壬生町(読み)みぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「壬生町」の解説

壬生〔町〕
みぶ

栃木県南部下野平野西部で,思川の支流黒川沿いにある町。 1889年町制。 1951年姿 (すがた) 村の一部を編入,54年には稲葉 (いなば) 村と合体した。中心地区の壬生は江戸時代鳥居氏の城下町で,日光西街道宿場町市場町,黒川の河港として繁栄壬生一里塚 (国指定史跡) がある。周辺では特産品のかんぴょうのほか,現在はビール用大麦の栽培も多く,水田裏作にイチゴ栽培が普及している。北部の旧飛行場跡に,第2次世界大戦後,東京から輸出用玩具の中小工場が集団移転し,おもちゃ団地が成立,おもちゃの町が誕生した。その西に独協医科大学がある。南部の車塚・牛塚・愛宕塚 (あたごづか) 古墳はいずれも史跡。東武鉄道宇都宮線が通り,おもちゃのまち駅がある。面積 61.06km2。人口 3万9474(2020)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android