外印(読み)ガイイン

世界大百科事典 第2版の解説

げいん【外印】

公式令に定められている太政官の印。内印に対していう。印文は〈太政官印〉で,大きさは方2寸半(約7cm)と定められているが,時代により異なる。用法は公式令では六位以下の位記および太政官の文案に捺すとあり,《令集解》ではさらに在京諸司に下す文書および詔勅に添えて,国に下す官に捺すものと説明している。さらに《延喜式》では〈事に随い内外印を請へ〉として,内印を捺す場合を列記し,そのほかは外印を捺せとある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外印
げいん

律令(りつりょう)制下の官印の一つ。太政官(だいじょうかん)の印章。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

げ‐いん【外印】

〘名〙 太政官の印。官印。「太政官印」の印文がある。内印(天皇の御璽)に対応する。大きさは方二寸半(約七・五センチメートル)。
※令義解(718)公式「外印〈方二寸半〉六位以下位記。及太政官文案則印」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の外印の言及

【印章】より

…これは中国にならって印章の制度を整えようとしたもので,官印の私鋳を禁じ,宮内省の鍛冶司が鋳造して太政官庁を経て諸国・諸省その他の役所に頒布した。このほかの公印を令外(りようげ)印というのに対し,これを令制印と呼ぶ。印の制度は公式令(くしきりよう)に厳重に規定され,天皇印は内印と称し印文〈天皇御璽〉の4字を2行に篆書(てんしよ),陽刻,方3寸(8.7cm)で,外印は方2寸半(7.6cm)とされ,内印を最大としてこれを超すことは禁じられた。…

※「外印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外印の関連情報