コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内印 ないいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内印
ないいん

公式令 (くしきりょう) に定めた官庁文書に押される官印の一つ。印文「天皇御璽」の朱印。五位以上の位記や諸国に下す太政官符の紙面に押された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ない‐いん【内印】

天皇の。方3寸(約9センチ)で、「天皇御璽」の4字を印文とし、少納言が管理して、五位以上の位記、および諸国に下す公文書などに用いた。→外印(げいん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ないいん【内印】

古代から近世まで用いられた天皇の印。外印(げいん)(太政官の印)に対するもの。〈公式令(くしきりよう)〉によって定められ,その印文は〈天皇御璽〉の2行4字である。大きさは方3寸(現行尺の約2寸9分,約8.8cm)とされ,銅製。製作ははじめ宮内省鍛冶司が担当し,のちに中務(なかつかさ)省の内匠寮でおこなわれた。何回か作りかえられ,奈良時代から江戸時代まで,実際に捺されたものをみると,一辺が8.8cmから8.5cmまで数種類ある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ないいん【内印】

天皇の印。大きさは方三寸で、印文は「天皇御璽ぎよじ」と二行に篆刻てんこくされる。五位以上の位記および諸国に下す公文書に使用された。 → 外印げいん御璽ぎよじ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内印
ないいん

(りょう)制に定められた天皇の印章。印文は「天皇御璽(ぎょじ)」。官印は公式令(くしきりょう)で厳密に規定されており、大きさは三寸四方で、官印中最大のものである。『令義解(りょうのぎげ)』には五位以上の位記や諸国に下す公文(こうぶん)に押すと規定されている。[長塚 孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の内印の言及

【印章】より

…このほかの公印を令外(りようげ)印というのに対し,これを令制印と呼ぶ。印の制度は公式令(くしきりよう)に厳重に規定され,天皇印は内印と称し印文〈天皇御璽〉の4字を2行に篆書(てんしよ),陽刻,方3寸(8.7cm)で,外印は方2寸半(7.6cm)とされ,内印を最大としてこれを超すことは禁じられた。令制印は正方形,準公印(私鋳印)には正円・隅取など正方形以外の形もとられた。…

※「内印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内印の関連キーワードフレネ教育矢田部老道嶋嶋足DIC恭仁京紀船守長塚内文主鈴画日印璽請印

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android