コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姿

デジタル大辞泉の解説

し【姿】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]すがた
学習漢字]6年
〈シ〉からだの形やようす。すがた。「姿勢姿態英姿風姿勇姿雄姿容姿麗姿
〈すがた〉「姿絵姿見旅姿寝姿
[名のり]かた・しな・たか

すがた【姿】

人のからだの格好。衣服をつけた外見のようす。「顔もいいし姿もいい」「鏡に姿を映す」「後ろ姿
身なり。風采。「姿をやつす」「うらぶれた姿
目に見える、人の形。存在するものとしての人。「姿をくらます」「あれっきり彼は姿を見せない」
物の、それ自体の形。「山が雲間から姿を現す」
物事のありさまや状態。事の内容を示す様相。「移り行く世の姿」「主人公の成長する姿を描く」
和歌や俳句の、1首・1句に表れる趣や格調などの全体的な風体。特に、歌体。
美しい顔形の人。美人。
「―の関守、京の四条は生きた花見あり」〈浮・五人女・三〉
[下接語]艶(あで)姿後ろ姿絵姿・幼姿・男姿・帯解き姿・女姿・死に姿立ち姿伊達(だて)姿旅姿道中姿夏姿似姿寝姿初姿晴れ姿遍路姿優(やさ)姿窶(やつ)れ姿童(わらわ)姿

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

すがた【姿】

栃木の日本酒。酒名は、「搾ったままのそのままの姿の酒」の意。精米歩合50%で仕込む純米吟醸の無ろ過生原酒。原料米は山田錦。仕込み水は男体(なんたい)山系大谷川の伏流水蔵元の「飯沼銘醸」は文化8年(1811)創業。所在地は上都賀郡西方町大字元。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すがた【姿】

歌学の用語。姿ということばは,身なり,かっこうふるまいなど,人の全体のようすを示すもので,平安時代以降の和文では服装をさすことも多かったが,外形・容貌をさす〈かたち〉に対して,内なる〈こころ〉のあらわれとして用いられるようになり,さらに外形と内面とを統一したものを姿のなかに見ようとするようになった。したがって姿は生まれつきのものではなく,心によって変えられると考えられた。歌学の用語として姿ということばをとりあげたのは,平安時代中期の藤原公任で,その歌論書《新撰髄脳》は,心と詞の調和を説いた紀貫之の《古今和歌集仮名序の論を発展させ,心と詞が一体になったときにすぐれた歌が生まれ,それは歌の姿の美しさとしてあらわれると説いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すがた【姿】

人のからだつき。外観からとらえた体の格好。 「 -のいい人」
形あるものとしての人の存在。身。 「 -をくらます」 「 -が見えない」
みなり。態度。 「上品な-」
物のかたち。ありさま。 「 -の美しい山」
内実を反映するものとしての、物事の外に現れた様相。 「流行歌に移りゆく世の-を見る」
歌の形。歌体。 「終ついに心ふかからずは、-をいたはるべし/新撰髄脳」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

姿の関連キーワード立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花ファサード妍姿・姸姿唐子人形現況有姿化け物絵丹前風伊達姿種種相理想像立位名峰故態書影婉容跪像歌体俗形艶姿嬌姿

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姿の関連情報