外気圏(読み)がいきけん(英語表記)exosphere

翻訳|exosphere

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外気圏
がいきけん
exosphere

大気の上限域で電離層外側外圏,極外圏ともいう。外気圏の下限が大気の逸散限界で,高度は 500~1000kmといわれている。この限界より上では空気分子は重力に逆らって惑星間空間へ逸散することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

外気圏【がいきけん】

大気圏を力学的な性質によって区分した領域の一つで,高度600km付近より上層をさす。外気圏の大気分子は密度が希薄であるため,粒子間衝突による圧力が小さく,重力のみの影響を受けて運動する。外気圏の下層は圧力圏と呼ばれ,上層は電離圏へと続く。
→関連項目超高層大気

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

がいきけん【外気圏】

大気の最外層で、地表からおよそ500キロメートル 以上の領域。大気組成は質量の小さい水素・ヘリウムで、電離したプラズマとなっている。外圏。逸出圏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がいき‐けん グヮイキ‥【外気圏】

〘名〙 惑星大気の最外層をいう。特に地球の大気についていう場合が多い。この部分では密度は極端に小さく、大気原子の平均自由経路は大きく、粒子の衝突する頻度が非常に小さいから、十分な速度をもって原子が上方に向かう場合には、大気外に脱出してしまう。地球大気の場合は、およそ七〇〇キロメートル以上が外気圏で、電離層をとりまいて存在する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外気圏の関連情報