コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外気圏 がいきけんexosphere

翻訳|exosphere

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外気圏
がいきけん
exosphere

大気の上限域で電離層外側外圏,極外圏ともいう。外気圏の下限が大気の逸散限界で,高度は 500~1000kmといわれている。この限界より上では空気分子は重力に逆らって惑星間空間へ逸散することができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

外気圏【がいきけん】

大気圏を力学的な性質によって区分した領域の一つで,高度600km付近より上層をさす。外気圏の大気分子は密度が希薄であるため,粒子間衝突による圧力が小さく,重力のみの影響を受けて運動する。
→関連項目超高層大気

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

がいきけん【外気圏】

大気の最外層で、地表からおよそ500キロメートル 以上の領域。大気組成は質量の小さい水素・ヘリウムで、電離したプラズマとなっている。外圏。逸出圏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

外気圏の関連キーワード大気組成ヘリウムプラズマ電離圏質量地表

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外気圏の関連情報