多摩ニュータウン遺跡群(読み)たまニュータウンいせきぐん

世界大百科事典 第2版の解説

たまニュータウンいせきぐん【多摩ニュータウン遺跡群】

東京西部の多摩ニュータウン事業用地内にある遺跡群の総称。計画区域は多摩川右岸,多摩丘陵北西部の多摩,八王子稲城町田の4市にまたがり,東西約14km,南北2~4km,面積約3000haの広大な地域を占める。1965年以来,分布調査,発掘調査が継続的に実施され,先土器時代から縄文弥生古墳,歴史時代の遺跡約850ヵ所が確認され,遺跡群の実体が明らかになりつつある。それらを概観すると,先土器時代については資料が断片的で詳細は不明であるが,縄文時代以降になると遺跡数の増減などから遺跡群の動きにいくつかの画期のあったことが認められている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android