コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多治比県守 たじひのあがたもり

4件 の用語解説(多治比県守の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多治比県守
たじひのあがたもり

[生]天智7(668)
[没]天平9(737).6.23.
奈良時代の公卿。左大臣嶋 (多治比嶋) の子。中納言,正三位にいたる。養老1 (717) 年遣唐押使として,玄 昉吉備真備らを伴い入唐。帰国後,同4年には持節征夷将軍に任じられ,蝦夷の平定に従事した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多治比県守 たじひの-あがたもり

668-737 奈良時代の公卿(くぎょう)。
天智(てんじ)天皇7年生まれ。多治比島の子。養老元年遣唐使として唐(中国)にわたり,翌年帰国。持節征夷(じせつせいい)将軍,参議,中納言および山陰道節度使などを歴任し,正三位にすすむ。平城京で流行した疫病のため,天平(てんぴょう)9年6月23/25日死去。70歳。氏は丹比ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

多治比県守

没年:天平9.6.23(737.7.25)
生年:生年不詳
8世紀前半の公卿。嶋の子。慶雲2(705)年従五位下に叙され,造宮卿として平城京造営にも従事した。霊亀2(716)年遣唐押使となって入唐し,この前後の遣唐使としては珍しく,養老2(718)年無事帰国した。のち,按察使,征夷将軍,中務卿などを歴任し,長屋王の変(729)の際に,臨時の参議となり,政治の中枢に参画した。天平4(732)年中納言,次いで山陰道節度使を兼ね,この地域の警固式(外敵に対する防備規定)を作ったという。同6年来日した新羅使が国名を王城国と号したのを糾問し,これを追い返している。遣唐使の経歴を有し,国際的な視野を持っていたと思われる一方,対外強硬派的側面もあった。

(森公章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たじひのあがたもり【多治比県守】

668?‐737(天智7?‐天平9)
奈良時代の官僚。父は左大臣多治比嶋。705年(慶雲2)に従五位下となり,造宮卿を経て716年(霊亀2)遣唐押使に任ぜられ,翌717年(養老1)節刀を賜って出発し,718年に帰国した。719年藤原武智麻呂らとともに皇太子(後の聖武天皇)の側近となり,また按察使(あぜち)として東国経営にたずさわり,720年の蝦夷の反乱のとき,持節征夷将軍に任ぜられた。721年帰京し,中務卿。729年(天平1)大宰大弐の任にあるとき,長屋王の変によって,権(かり)に参議となり,さらに民部卿となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

多治比県守の関連キーワードギヨーム・ド・ロリス多治比池守地下の公卿前半戦仲山甫大阪府藤井寺市古室大阪府藤井寺市沢田阿倍安麻呂メトネルスンダラル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone