多良木[町](読み)たらぎ

  • 多良木

世界大百科事典 第2版の解説

熊本県南東端,球磨郡の町。人口1万2701(1995)。人吉盆地東部にあり,南東は宮崎県に接する。南東部と北西部には九州山地支脈をなす山々が連なり,中央部を西流する球磨川沿いに平地開け,くま川鉄道,国道219号線が走る。上球磨地方の中心地で,鎌倉初期には相良頼景が東前に館を築いたといわれ,黒肥地(くろひじ)に鎌倉期の様式を伝える青蓮寺阿弥陀堂(重要文化財)がある。江戸中期には百太郎溝,幸野溝と呼ばれる灌漑用水路が掘削され,新田開発が進んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android