コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅克己 みやけ こっき

美術人名辞典の解説

三宅克己

水彩画家。徳島県生。イギリス人画家ジョン・バーレイの展覧会を観て啓発され、濃密な水彩画を目指す。その後渡米・渡欧を繰り返し白馬会展・文展などで活躍した。また中沢弘光らと光風会を結成する。文筆にも長じ、『水彩画手引』『欧州絵行脚』『思い出づるまま』等の著がある。日本芸術院賞恩賜賞受賞。昭和29年(1954)歿、80才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みやけ‐こっき〔‐コクキ〕【三宅克己】

[1874~1954]洋画家。徳島の生まれ。光風会の結成に参加。早くから水彩画に専念。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

三宅克己【みやけこっき】

水彩画家。徳島県生れ。曾山幸彦原田直次郎に師事したのち,1897年渡米,イェール大学付属美術学校に学び,翌年ヨーロッパを回って帰国。官展の審査員をしばしば務め,1912年には光風会を設立。
→関連項目水彩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅克己 みやけ-こっき

1874-1954 明治-昭和時代の洋画家。
明治7年1月8日生まれ。曾山幸彦,原田直次郎にまなぶ。水彩画家をこころざし,明治30年より欧米に7回遊学。白馬会,光風会に属し,帝展審査員となった。昭和26年芸術院恩賜賞。代表作に「雨後のノートルダム」。昭和29年6月30日死去。80歳。徳島県出身。自伝に「思ひ出づるまゝ」。

三宅克己 みやけ-かつみ

みやけ-こっき

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みやけこっき【三宅克己】

1874‐1954(明治7‐昭和29)
洋画家。徳島に生まれる。1880年上京し90年大野幸彦に師事,大野没後は原田直次郎鍾美館に学ぶ。91年来日した英人画家ジョン・バーレーJohn Barleyの水彩画に感銘し,水彩画専門を決意する。97年渡米しイェール大学付属美術学校に入学,翌年英国へ渡り99年帰国,同年第4回白馬会展に滞欧作を出品,白馬会会員となる。1901年から翌年まで再渡欧,02年の第7回白馬会展に代表作《雨のノートルダム》などを発表する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三宅克己
みやけこっき
(1874―1954)

洋画家。徳島市生まれ。1890年(明治23)曽山幸彦(そやまゆきひこ)の画塾に入り、師の没後原田直次郎の鍾美(しょうび)館に学ぶ。97年渡米してエール大学付属美術学校に学び、ヨーロッパを回って99年に帰国。明治美術会に出品ののち、白馬(はくば)会会員となる。以後しばしば欧米に写生旅行を行った。早くから水彩画に専念し、その先駆者の1人として知られる。文展にも水彩画を出品し、第2回、第3回展で三等賞を受ける。1912年同志と光風会を創立。24年(大正13)サロン・ドートンヌに出品のほか、26年以後帝展、新文展の審査員となり、51年(昭和26)日本芸術院恩賜賞を受けた。代表作は『雨後のノートルダム』『上州妙義山』。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の三宅克己の言及

【光風会】より

…美術団体。黒田清輝を中心に結ばれた外光派の洋画団体白馬会が1911年(明治44)に解散すると,その有力メンバーであった中沢弘光,山本森之助,三宅克己,杉浦非水,小林鐘吉,跡見泰,岡野栄を発起人として翌12年3月に結成され,その年の6月,上野竹之台で第1回展覧会を開催した。当時,印象派以後の新しい美術思潮の刺激を受け,個性的な表現を唱える若い層が増大していたが,この会に拠(よ)る画家たちは黒田の穏健な画風を引き継ぎ,官展系の団体として結束を崩さなかった。…

※「三宅克己」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三宅克己の関連キーワード有馬 三斗枝大下藤次郎小林 鐘吉昭和時代三宅

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三宅克己の関連情報