コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大勢三転考 たいせいさんてんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大勢三転考
たいせいさんてんこう

江戸時代末期の史書。3巻。伊達千広著。嘉永1 (1848) 年成立。 1873年刊。神武天皇から江戸幕府の成立にいたる通史。日本の社会制度が骨 (かばね) の代,職 (つかさ) の代,名 (な) の代という3つの変転を経たことを論述

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大勢三転考【たいせいさんてんこう】

紀州和歌山藩士伊達千広著。古代から江戸幕府成立までを述べた史論書。1848年成立。社会の変遷を骨(かばね)の代,職(つかさ)の代,名(みょう)の代と3期に区分してとらえる独特の史観に立つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいせいさんてんこう【大勢三転考】

古代から江戸幕府成立までを述べた史論書。紀州藩士で国学者の伊達千広の著。1848年(嘉永1)成立。73年刊。3巻。骨(かばね)の代,職(つかさ)の代,名(みよう)の代と主要な制度によって3期に時期区分し,その変遷を史料引用によって論じた。前代に現れた制度の矛盾が〈時の勢〉によって時代転換を必然化するという論旨などに特色がみられる。《経済大典》《日本思想大系》所収。【頼 祺一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大勢三転考
たいせいさんてんこう

幕末の歴史書。三巻。紀州藩士伊達千広(だてちひろ)著。1848年(嘉永1)成立。千広の実子陸奥宗光(むつむねみつ)らの懇請によって1873年(明治6)初めて刊行された。本書は社会・政治制度の変遷という独自の視点から、神武(じんむ)天皇から徳川幕府の成立に至るまでの日本史を、「骨(かばね)の代」「職(つかさ)の代」「名の代」の3時代に区分した通史であり、幕末という変革期にふさわしい歴史観が看取される。すなわち、不可知論の立場と現実的応変主義の立場が表裏の関係で結び付いている本書の歴史観は、事実上、歴史的世界から超越的絶対者・原理を締め出してしまっており、伝統的史学と明治啓蒙(けいもう)史学をつなぐ史学史的意義を担っているものとみられるのである。[石毛 忠]
『石毛忠校注・訳『大勢三転考』(『日本の思想6 歴史思想集』所収・1972・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大勢三転考の関連キーワード陸奥宗光

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android