コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達千広 だてちひろ

8件 の用語解説(伊達千広の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊達千広
だてちひろ

[生]享和3(1803)
[没]1877.5.18.
江戸時代末期の歴史家,歌人。陸奥宗光の父。和歌山藩士。本名は宗広,通称は藤三郎,号は自得翁,本姓は宇佐美,伊達家の養子となる。初め漢学を,のち本居大平に国学を学ぶ。藩政の中枢に累進したが,尊王論を唱えたため,嘉永5 (1852) 年禁錮,さらに改易となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だて‐ちひろ【伊達千広】

[1802~1877]幕末の歌人・国学者。和歌山藩士。陸奥宗光の実父。号は自得。藩の重職として財政改革を推進したが失脚、脱藩して公武合体を画策した。著作に「大勢三転考」などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊達千広【だてちひろ】

幕末明治初期の国学者,歌人。紀伊(きい)和歌山藩士宇佐美祐長の次男。姻戚伊達家の養子となる。宗広(むねひろ)とも称す。本居大平の門人で,藩主徳川治宝(はるとみ)のもとで寺社奉行などの要職を歴任したが,失脚。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達千広 だて-ちひろ

1802-1877 江戸時代後期の武士,国学者。
享和2年5月25日生まれ。陸奥(むつ)宗光の父。紀伊(きい)和歌山藩士。本居大平(もとおり-おおひら)にまなび,藩主徳川治宝(はるとみ)の信任をえて藩の重職を歴任したが,治宝の死後失脚。文久2年脱藩して公武合体運動に参加した。明治10年5月18日死去。76歳。本姓は宇佐美。通称は藤二郎。号は自得。名は別に宗広。著作に「大勢三転考」「余身帰(よみがえり)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊達千広

没年:明治10.5.18(1877)
生年:享和2.5.25(1802.6.24)
江戸後期の和歌山藩士,国学者。名は宗広ともいう。通称藤二郎,自得と号す。和歌山藩士宇佐美祐長の次男で,叔父伊達盛明の養子。文化13(1816)年小姓として藩主徳川治宝に仕え,以後累進し大番頭格,勘定吟味役を兼ねるに至るが,嘉永5(1852)年藩主の死により失脚,文久1(1861)年赦免されるまで南紀田辺に蟄居。2年脱藩し養子宗興と公武合体運動に関与。その後慶応1(1865)年禁固に処せられた。維新後は実子陸奥宗光のもとに身をよせ,和歌と禅に没頭した。千広は文政3(1820)年本居大平に入門,国学を学んだ。嘉永1年執筆の史書『大勢三転考』は彼の名を不朽にした。同書は古代から徳川幕府成立に至る日本の歴史を「骨の代」「職の代」「名の代」の3時期に区分してその変遷を論じた。それは従来の編年体や紀伝体という歴史叙述の形態に対し,客観的な制度の態様で時代区分をしたこと,また時代転換の説明の明快さという点でも斬新であり,次代の史論の前駆とも評されている。<参考文献>高瀬重雄『伊達千広

(沼田哲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だてちひろ【伊達千広】

1802‐77(享和2‐明治10)
幕末維新期の国学者。本姓宇佐美,通称藤二郎,別名宗広。自得翁と号した。紀州和歌山藩士。藩主徳川治宝のもとで寺社奉行などの要職を歴任したが,治宝の死後に失脚。のち幽囚,帰藩,脱藩などを経ながら,公武合体論を唱えて,実子の陸奥宗光とともに国事に奔走した。本居大平門の俊秀として,同門の歌友長沢伴雄らとしのぎを削ったが,後年は禅の修行に専念した。《大勢三転考》は卓越した史観として著名。著書はほかに《随々草(まにまにぐさ)》《余身帰(よみがえり)》《幣帛袋(ぬさぶくろ)》《和歌禅話》《枯野集》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だてちひろ【伊達千広】

1803~1877) 江戸末期の志士・歌人。陸奥宗光の父。紀州藩で、藩財政の改革に従ったが失脚。のち公武合体を画策して禁錮に処せられた。著、史書「大勢三転考」のほか歌集などがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊達千広
だてちひろ
(1802―1877)

幕末の志士、歌人。紀州藩士。叔父伊達盛明の養子となり、通称藤二郎、別名宗広といい、自得と号した。本居大平(もとおりおおひら)の門人。藩主徳川治宝(はるとみ)に登用され、大番頭(おおばんがしら)格として勘定奉行(ぶぎょう)を兼ね、藩政に重きをなしたが、治宝の死後失脚。しかし政治への関心を捨てきれず、還暦を迎えた年に脱藩上洛(じょうらく)し、公武合体に尽力した。維新後は実子陸奥宗光(むつむねみつ)のもとに身を寄せ、風月を友とした。著書に『大勢三転考(たいせいさんてんこう)』『随々草(まにまにぐさ)』『余身帰(よみがえり)』などがある。[石毛 忠]
『高瀬重雄著『伊達千広』(1942・創元社) ▽陸奥広吉編『伊達自得翁全集』(1926・雨潤会) ▽陸奥広吉編『伊達自得翁全集補遺』(1940)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊達千広の言及

【大勢三転考】より

…古代から江戸幕府成立までを述べた史論書。紀州藩士で国学者の伊達千広の著。1848年(嘉永1)成立。…

※「伊達千広」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊達千広の関連キーワード安部惟貞生田萬岩月白華間宮八十子長治祐義佐倉真邦桜井信景和歌山県和歌山市一番丁おみさ片岡徳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone