コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加島屋 カジマヤ

4件 の用語解説(加島屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かじま‐や【加島屋】

江戸時代の大坂の豪商。同族のうち、久右衛門家(広岡姓)はその中心で、米仲買・両替・大名貸し資本として、鴻池(こうのいけ)家と並ぶ豪商。明治に入り加島銀行を創立。また、作兵衛家(長田姓)は米仲買・両替商として知られた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かじまや【加島屋】

江戸時代の大坂の富商。大坂の加島屋には広岡久右衛門家を本家とする暖簾内(のれんうち)と,長田作兵衛家を本家とする暖簾内の2系統があった。両家とも堂島米市場に関係する入替両替(米切手担保の金融業)を主業とし,大名貸を手広く行い,諸藩の蔵元を務めた。とくに広岡家は鴻池とならぶ旧家,豪商で,1625年(寛永2)の創業。1731年(享保16)堂島米年寄(のちの米方年行司)に任じられ,以後幕府の御買米,御用金などの課徴に際しては,つねに最高額を負担した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かじまや【加島屋】

江戸時代、大坂の豪商。両替と米仲買を営み、大名貸しもした。明治時代、加島銀行を創立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加島屋
かじまや

江戸時代、大坂の豪商。
(1)玉水町加島屋(広岡)久右衛門。家伝では、赤松系源則弘(のりひろ)を祖とし、16世紀後半、武を捨て、摂津(大阪府)川辺郡に帰農。寛永(かんえい)年間(1624~44)初代が大坂御堂前(みどうまえ)に精米・両替業を始め、のち玉水町(大阪市西区)で諸国米問屋・両替を兼業、1679年(延宝7)には尼崎(あまがさき)藩蔵屋敷名代であったといわれる。享保(きょうほう)(1716~36)には大聖寺(だいしょうじ)藩蔵元となり、浜方を代表する米商人であった。1731年(享保16)大坂町奉行(まちぶぎょう)への米価引き立て策答申により、蔵屋敷払米入札の仲買を限定した米仲買株札制度ができ、「米年寄」を命じられたが、退役して手広く営業、70年(明和7)萩(はぎ)藩大坂蔵屋敷留守居(るすい)格に任命された。天明(てんめい)(1781~89)の米価騰貴で家屋敷が打毀(うちこわし)にあったときの資産は銀2万7000貫目あり、鴻池(こうのいけ)に劣らない蓄積を遂げている。幕府御用金は宝暦(ほうれき)(1751~64)以来最高額を負担し、公金融通組合の大名貸、吹直し金銀引替の公用、津和野(つわの)、中津、福井、高崎諸藩の蔵元を勤めた。堂島(どうじま)が生んだ代表的大名貸商人である。1888年(明治21)加島銀行を創立。また94年創設の真宗生命保険は1902年(明治35)には合併により大同生命保険となった。
(2)大川町加島屋(長田)作兵衛。家伝では、後北条(ごほうじょう)氏家臣を始祖とし、商に転じ、寛永年間堺(さかい)より来坂、南本町、北浜から、享保年間には玉水町店を構える米仲買となり、肥後藩蔵元掛屋、宇和島藩紙方蔵元掛屋を勤め、宝暦御用金は第四位の1万5000両を受ける。米仲買株は譲渡して、天明ごろ大川町に移転後、水戸(みと)御貸付役所支配として、公儀上納金貸付名目と郷貸形式で大坂払米代銀のほか自己資金を大規模に諸藩に貸し付け、芸州御蔵紙蔵元掛屋、篠山(ささやま)・飫肥(おび)藩仕送り御用などを勤め、1856年(安政3)諸藩扶持(ふち)給米代は銀185貫目に達し、万延(まんえん)御用銀は鴻池、玉水町加島屋とともに最高額3000貫目を引き受ける。分家の船町作五郎と尼崎町作次郎は、本両替・入替両替五軒にあげられる浜方先納などの大名貸商人。維新に際し、新政府の財政に協力、また商社を設立したが、1873年(明治6)陸軍省預り金の即時上納を命ぜられて果たせず、閉店。[川上 雅]
『宮本又次著『大阪町人』(1957・弘文堂) ▽森泰博著『大名金融史論』(1970・大原新生社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の加島屋の言及

【広岡久右衛門】より

…江戸・明治期の大坂財界人の名跡。玉水町(現,西区土佐堀通)に米問屋と両替業を兼営した加島屋広岡家は堂島米市場の重鎮として幕府・諸藩の財用に貢献した。8代正饒は1867年(慶応3)兵庫商社肝煎,9代正秋(1844‐1909)は明治新政府の会計基立金徴募,明治天皇東幸の御用掛,為替会社・通商会社惣頭取等を歴任。…

※「加島屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

加島屋の関連キーワード鴻池御町口では大坂の城も建つ大坂土加島屋清兵衛五粽亭広貞宍喰屋次郎右衛門西川岡之助吉田可久渡辺頑石

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加島屋の関連情報