コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島浩 おおしまひろし

5件 の用語解説(大島浩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大島浩
おおしまひろし

[生]1886.4.19. 岐阜
[没]1975.6.6. 神奈川
軍人,外交官。太平洋戦争終戦時のドイツ駐在大使。陸軍中将。 1934年ドイツ大使館付き武官となり,日独関係緊密化に努め,外務省抜きの陸軍ルート日独防共協定締結に導いた。 38年ドイツ駐在大使となり,日独伊三国同盟の成立にあずかって力があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島浩 おおしま-ひろし

1886-1975 明治-昭和時代前期の軍人,外交官。
明治19年4月19日生まれ。大島健一の長男。昭和9年ドイツ大使館付武官,13年陸軍中将。同年予備役に編入され,駐ドイツ大使となり,日独伊三国同盟を推進。戦後A級戦犯として終身刑となるが,30年に釈放された。昭和50年6月6日死去。89歳。岐阜県出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おおしまひろし【大島浩】

1886‐1975(明治19‐昭和50)
陸軍軍人(中将)。岐阜県出身。陸軍士官学校(18期),陸軍大学校卒。親ナチス派の軍人として著名。1934年ドイツ大使館付武官となり,ナチ党のJ.vonリッベントロップと接触して日独防共協定の締結を推進。38年には予備役となってドイツ大使に任命され,ドイツ,イタリアとの同盟関係強化のため正規の外交ルートをも無視して独自の外交活動を展開し問題となる。39年独ソ不可侵条約が締結された後,大使を辞任。東京裁判ではA級戦犯として終身刑。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおしまひろし【大島浩】

1886~1975) 陸軍軍人・外交官。岐阜県生まれ。駐独大使として日独伊三国同盟締結を推進した。戦後 A 級戦犯、終身刑。1955年(昭和30)出獄。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大島浩
おおしまひろし
(1886―1975)

陸軍軍人、外交官。岐阜県に生まれる。父は元陸相大島建一。1905年(明治38)陸軍士官学校卒業、1915年(大正4)陸軍大学校卒業。砲兵大尉、参謀本部員、駐オーストリア武官、参謀本部課長などを経て、1934年(昭和9)ドイツ大使館付武官となり、親ナチス派として1936年の日独防共協定の締結を推進した。1938年には中将となり、予備役に編入ののち駐ドイツ大使に就任。日独伊三国軍事同盟締結を画策した。1939年の独ソ不可侵条約締結により三国同盟問題が中断したため大使を辞任したが、1940年三国同盟締結ののち、ふたたび駐ドイツ大使に任命された。戦後は極東国際軍事裁判にA級戦犯として起訴され、終身刑を受けるが、1955年(昭和30)出獄した。[北河賢三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大島浩の関連キーワード木村恒夫児島惣次郎鈴木孝雄瀬川章友南部辰丙西原茂太郎野口坤之波多野毅山岡熊治アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大島浩の関連情報