コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島浩 おおしまひろし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大島浩
おおしまひろし

[生]1886.4.19. 岐阜
[没]1975.6.6. 神奈川
軍人,外交官。太平洋戦争終戦時のドイツ駐在大使。陸軍中将。 1934年ドイツ大使館付き武官となり,日独関係緊密化に努め,外務省抜きの陸軍ルートで日独防共協定締結に導いた。 38年ドイツ駐在大使となり,日独伊三国同盟の成立にあずかって力があった。戦後の極東国際軍事裁判で,A級戦犯として終身刑宣告を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島浩 おおしま-ひろし

1886-1975 明治-昭和時代前期の軍人,外交官。
明治19年4月19日生まれ。大島健一の長男。昭和9年ドイツ大使館付武官,13年陸軍中将。同年予備役に編入され,駐ドイツ大使となり,日独伊三国同盟を推進。戦後A級戦犯として終身刑となるが,30年に釈放された。昭和50年6月6日死去。89歳。岐阜県出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおしまひろし【大島浩】

1886‐1975(明治19‐昭和50)
陸軍軍人(中将)。岐阜県出身。陸軍士官学校(18期),陸軍大学校卒。親ナチス派の軍人として著名。1934年ドイツ大使館付武官となり,ナチ党のJ.vonリッベントロップと接触して日独防共協定の締結を推進。38年には予備役となってドイツ大使に任命され,ドイツ,イタリアとの同盟関係強化のため正規の外交ルートをも無視して独自の外交活動を展開し問題となる。39年独ソ不可侵条約が締結された後,大使を辞任。東京裁判ではA級戦犯として終身刑。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおしまひろし【大島浩】

1886~1975) 陸軍軍人・外交官。岐阜県生まれ。駐独大使として日独伊三国同盟締結を推進した。戦後 A 級戦犯、終身刑。1955年(昭和30)出獄。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大島浩
おおしまひろし
(1886―1975)

陸軍軍人、外交官。岐阜県に生まれる。父は元陸相大島建一。1905年(明治38)陸軍士官学校卒業、1915年(大正4)陸軍大学校卒業。砲兵大尉、参謀本部員、駐オーストリア武官、参謀本部課長などを経て、1934年(昭和9)ドイツ大使館付武官となり、親ナチス派として1936年の日独防共協定の締結を推進した。1938年には中将となり、予備役に編入ののち駐ドイツ大使に就任。日独伊三国軍事同盟締結を画策した。1939年の独ソ不可侵条約締結により三国同盟問題が中断したため大使を辞任したが、1940年三国同盟締結ののち、ふたたび駐ドイツ大使に任命された。戦後は極東国際軍事裁判にA級戦犯として起訴され、終身刑を受けるが、1955年(昭和30)出獄した。[北河賢三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大島浩の関連キーワード白鳥 敏夫大島 健一伊藤 述史スターマーカッペン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大島浩の関連情報