コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大幸勇吉 おおさか ゆうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大幸勇吉 おおさか-ゆうきち

1867*-1950 明治-昭和時代の化学者。
慶応2年12月22日生まれ。明治32年ドイツに留学,オストワルト,ネルンストにまなぶ。36年京都帝大教授となる。昭和7年学士院会員。池田菊苗とともに日本の物理化学の基礎をきずいた。昭和25年9月9日死去。83歳。加賀(石川県)出身。帝国大学卒。著作に「物理化学」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおさかゆうきち【大幸勇吉】

1867~1950) 化学者。石川県生まれ。京大教授。池田菊苗とともに日本への物理化学導入に貢献。電解質水溶液の化学平衡と多層平衡を研究。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大幸勇吉
おおさかゆうきち
(1867―1950)

物理化学者。明治・大正期に新興の物理化学を日本に導入するのに貢献した。石川県生まれ。1892年(明治25)帝国大学理科大学化学科を卒業、理論化学の必要を説いた桜井錠二(じょうじ)の影響を受けた。第五高等中学校教授を経て、1896年高等師範学校教授となる。1899年池田菊苗(きくなえ)とともにドイツに留学、ライプツィヒ大学のオストワルトのもとで触媒作用の反応速度論的研究を、ゲッティンゲン大学のネルンストのもとで電気化学の研究を行い、物理化学の研究方法を身につけて1902年(明治35)に帰国した。翌1903年京都帝国大学理工科大学教授に転任、おもに水と塩類の多相平衡について研究を続け、1927年定年退官した。1907年日本で最初の物理化学教科書『物理化学講義』を出版。池田菊苗は原子論を否定するオストワルト流の立場からこの書を批判したが、大幸は原子論に立脚した最新の成果を広く取り入れ、1911年には横書き、脚注つきの改訂版『物理化学』を著した。このほか、多くの参考書や啓蒙(けいもう)書を著して新しい化学の普及に努めた。[内田正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大幸勇吉の関連キーワード日本科学史(年表)昭和時代化学平衡

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android