コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大幸勇吉 おおさか ゆうきち

3件 の用語解説(大幸勇吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大幸勇吉 おおさか-ゆうきち

1867*-1950 明治-昭和時代の化学者。
慶応2年12月22日生まれ。明治32年ドイツに留学,オストワルト,ネルンストにまなぶ。36年京都帝大教授となる。昭和7年学士院会員。池田菊苗とともに日本の物理化学の基礎をきずいた。昭和25年9月9日死去。83歳。加賀(石川県)出身。帝国大学卒。著作に「物理化学」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

おおさかゆうきち【大幸勇吉】

1867~1950) 化学者。石川県生まれ。京大教授。池田菊苗とともに日本への物理化学導入に貢献。電解質水溶液の化学平衡と多層平衡を研究。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大幸勇吉
おおさかゆうきち
(1867―1950)

物理化学者。明治・大正期に新興の物理化学を日本に導入するのに貢献した。石川県生まれ。1892年(明治25)帝国大学理科大学化学科を卒業、理論化学の必要を説いた桜井錠二(じょうじ)の影響を受けた。第五高等中学校教授を経て、1896年高等師範学校教授となる。1899年池田菊苗(きくなえ)とともにドイツに留学、ライプツィヒ大学のオストワルトのもとで触媒作用の反応速度論的研究を、ゲッティンゲン大学のネルンストのもとで電気化学の研究を行い、物理化学の研究方法を身につけて1902年(明治35)に帰国した。翌1903年京都帝国大学理工科大学教授に転任、おもに水と塩類の多相平衡について研究を続け、1927年定年退官した。1907年日本で最初の物理化学教科書『物理化学講義』を出版。池田菊苗は原子論を否定するオストワルト流の立場からこの書を批判したが、大幸は原子論に立脚した最新の成果を広く取り入れ、1911年には横書き、脚注つきの改訂版『物理化学』を著した。このほか、多くの参考書や啓蒙(けいもう)書を著して新しい化学の普及に努めた。[内田正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大幸勇吉の関連キーワード伊藤広之助尾形輝太郎緒方六治金子武夫小泉正夫西野元野沢吉兵衛(8代)野村淳治富士田吉治(3代)渡部審也

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone