コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大建中湯 だいけんちゅうとう

大辞林 第三版の解説

だいけんちゅうとう【大建中湯】

漢方薬の一。人参・山椒・干姜かんきようを一定の割合で混合して煎じ、水飴を加えたもの。冷えが原因である腹痛に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

だいけんちゅうとう【大建中湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)人参(にんじん)山椒(さんしょう)乾姜(かんきょう)膠飴(こうい)などを含む。漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。胃下垂胃アトニー便秘腹痛などに用い、腹部膨満感、腹部の冷えといった症状をともなうとき、とくに有効とされる。体力が低下し胃腸の弱っている人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大建中湯の関連キーワード煎じ薬水飴

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大建中湯の関連情報