コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大建中湯 だいけんちゅうとう

2件 の用語解説(大建中湯の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

だいけんちゅうとう【大建中湯】

漢方薬の一。人参・山椒・干姜かんきようを一定の割合で混合して煎じ、水飴を加えたもの。冷えが原因である腹痛に用いる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

だいけんちゅうとう【大建中湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)人参(にんじん)山椒(さんしょう)乾姜(かんきょう)膠飴(こうい)などを含む。漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。胃下垂胃アトニー便秘腹痛などに用い、腹部膨満、腹部の冷えといった症状をともなうとき、とくに有効とされる。体力が低下し胃腸の弱っている人がおもな対象。

出典|講談社
漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大建中湯の関連情報