コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日本製糖[株] だいにほんせいとう

2件 の用語解説(大日本製糖[株]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大日本製糖[株]【だいにほんせいとう】

1896年鈴木製糖所の事業を継ぎ日本精製糖として設立,1906年日本精糖を吸収合併し,大日本製糖と改称。1909年以降藤山雷太の経営で発展,台湾や南洋に進出して東洋一の製糖会社となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だいにほんせいとう【大日本製糖[株]】

第2次大戦前,台湾,朝鮮などで広く事業を行い,一時東洋一の規模を有した製糖メーカー。1896年,鈴木製糖所(鈴木藤三郎が1883年に創業,91年精製糖の生産に成功)の事業を継承して,日本精製糖(株)として設立された。1906年,日本精糖(1898設立)を吸収合併し,社名を大日本製糖(株)と改称(日糖と略称)。07年台湾での原料糖事業を開始する。その後一時疑獄事件(日糖疑獄)のため社内が混乱したが,09年三井財閥藤山雷太(1863‐1938)が社長に就任し事態を収拾した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の大日本製糖[株]の言及

【砂糖】より

…98年には渋沢栄一により日本精糖が大阪に設立されている。その後1906年には,日本精製糖が日本精糖を吸収合併する形で大日本製糖が誕生した。しかし日本で本格的な近代的製糖業が始まったのは,日清戦争の結果,台湾が日本の領土となってからである。…

※「大日本製糖[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大日本製糖[株]の関連キーワード台湾銀行特殊銀行宥和政策レマルクアバンゲール外地熟蕃戦前戦前派総督府

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone