コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大浦荘 おおうらのしょう

百科事典マイペディアの解説

大浦荘【おおうらのしょう】

近江国浅井郡に置かれた荘園。現在の滋賀県西浅井町域(合併し,現在は長浜市)。牛骨(うしほね)荘ともいう。881年清和院の要請で大浦荘の墾田28町5反余が延暦(えんりゃく)寺文殊楼料として施入されている(《三代実録》)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおうらのしょう【大浦荘】

牛骨(うしほね)荘ともいう。近江国浅井郡(現,滋賀県伊香郡西浅井町)の荘園。はじめ清和院領,881年(元慶5)勅により,同荘墾田28町5反余が俘囚浪人とともに延暦寺文殊院に寄進された。その後,後一条天皇領,あるいは公卿領を経て,園城寺の僧明尊の私領となった。明尊は住房を天皇御願の堂となし,これを円満院(寺門派三門跡の一つ)と号し,1041年(長久2)大浦荘を寄付。鎌倉時代になると南接する山門檀那院領菅浦荘との間に激しい境界争いが始まり,日差・諸河の地を争って150年に及ぶ長い相論を展開。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の大浦荘の言及

【菅浦】より

…平安末期高倉天皇のときかと思われるが,住民の一部は内蔵寮(くらりよう)御厨子所(みずしどころ)供御人,蔵人所供御人の身分を得て漁労や湖上舟運等の特権を保証された。しかし菅浦自体は寺門円満院領大浦荘に含まれていたから,そこから独立するために,寺門との対抗上竹生島およびその本寺山門檀那院の支配に属することになった。以後鎌倉後期から200年弱の間,大浦荘と狭小な耕地日差,諸河の帰属をめぐり熾烈な争論を繰り返した。…

※「大浦荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大浦荘の関連キーワード西浅井[町]菅浦文書菅浦荘清九郎日野家浅井氏延暦公文堅田公事

大浦荘の関連情報