コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西浅井 にしあざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西浅井
にしあざい

滋賀県北部,長浜市西部の旧町域。琵琶湖北岸に位置する。1955年塩津村と永原村が合体し,西浅井村となり,1971年町制。2010年長浜市に編入。大川,大浦川の二つの断層谷にわたり,古代より畿内から北陸への通路をなした。河口にある塩津,大浦は湖港として発展。今日では水田単作の農業が主。葛籠尾崎半島(つづらおざきはんとう)をめぐる奥琵琶湖パークウェイが景勝の湖岸を通り,南東の菅浦は中世村落の面影を残し,「菅浦文書」は有名。湖岸一帯は琵琶湖国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西浅井
にしあざい

滋賀県北部、伊香(いか)郡にあった旧町名(西浅井町(ちょう))。現在は長浜市の西部を占める地域。1955年(昭和30)に塩津、永原の2村が合併して西浅井村となり、1971年町制施行。2010年(平成22)東浅井(ひがしあざい)郡虎姫(とらひめ)町、湖北(こほく)町、伊香郡高月(たかつき)町、木之本(きのもと)町、余呉(よご)町とともに長浜市へ編入。JR北陸本線、湖西(こせい)線、国道8号、303号が通じる。琵琶(びわ)湖に突出した葛籠尾崎(つづらおざき)の半島を挟んで、東に塩津、西に大浦の集落がある。両集落とも湖北の重要な港として栄えたが、とくに塩津港は『万葉集』にも詠まれており、北陸の物資を大津、京都へ運送する要衝であった。また半島先の湖底には縄文時代の遺跡が発見されており、半島中部の菅浦(すがうら)は中世の習俗を伝える集落として注目されている。米作を主とする農業と漁業が中心であるが、ヤンマーディーゼルの工場も立地している。国指定重要文化財には江戸時代庄屋(しょうや)を勤めた田中家住宅、辻(つじ)家住宅のほか、善隆寺の木造十一面観音(かんのん)立像(平安末期)などがある。琵琶湖水運で活躍した丸子船の歴史をたどる「北淡海(おうみ)・丸子船の館」がある。[高橋誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

西浅井の関連キーワード北淡海・丸子船の館滋賀県長浜市長浜(市)虎姫[町]新・長浜市大浦荘菅浦荘清九郎塩津山木之本余呉乙名虎姫高月湖北

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西浅井の関連情報