青梅街道(読み)おうめかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青梅街道
おうめかいどう

江戸時代初期,江戸城建築用に西多摩地方の石灰を運搬するため,江戸 (新宿追分) から青梅まで開かれた街道。武蔵野を東西に貫く重要な街道であった。のちにはさらに氷川,小河内,丹波山,大菩薩峠塩山を経由,酒折で甲州街道に合流し甲府にいたり,甲州街道の間道として利用された。現在は大菩薩峠の代りに柳沢峠を越えて甲府へ達している。小河内ダム秩父多摩甲斐国立公園への観光路として交通量が多い。並行して新青梅街道が整備されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おうめ‐かいどう〔あをめカイダウ〕【青梅街道】

東京都新宿区から山梨県甲府市へ至る街道。新宿追分(おいわけ)を起点として甲州街道と分かれ、青梅市大菩薩峠(だいぼさつとうげ)甲州市を経て、甲府市酒折(さかおり)で再び甲州街道に合流する。江戸時代に開かれた。現在の起点は新宿駅西口付近。甲州裏街道。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

青梅街道【おうめかいどう】

江戸新宿追分から青梅(おうめ),氷川(ひかわ),大菩薩(だいぼさつ)峠,塩山を経て甲府東方の酒折で甲州道中に合し,甲州裏街道ともいった。江戸城築城のとき秩父(ちちぶ)の石灰岩を運ぶため設けられたという。
→関連項目塩山[市]内藤新宿山梨[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おうめかいどう【青梅街道】

東京新宿から多摩川流域を経て甲府盆地に達する街道。新宿追分で甲州街道と分かれ、山梨県酒折さかおりで再び合流する。甲州裏街道。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青梅街道
おうめかいどう

東京都新宿区から山梨県甲府市へ至る道路。江戸時代には新宿の追分で甲州街道と分かれ、中野、青梅、大菩薩(だいぼさつ)峠、塩山(えんざん)を経て、甲府東郊でふたたび甲州街道に合した。明治になって大菩薩峠越えを柳沢(やなぎさわ)峠越えに変更した。青梅に近い成木(なりき)村の石灰を江戸城工事用に運んだので成木街道ともよばれた。甲州街道の裏街道として利用され、江戸末期には志士や凶状持ちがよく通ったという。薪炭(しんたん)などの林産物や武蔵野(むさしの)新田の農産物の輸送にも利用された。多摩川の谷口集落である青梅には定期市(いち)が立って山の物産の取引にあたり、中野には農産物の集荷問屋が栄えた。[中島義一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の青梅街道の言及

【内藤新宿】より

…江戸浅草阿部川町の名主喜兵衛ほか4人の出願によって1698年(元禄11)に置かれた新しい宿駅である。宿はずれの追分(おいわけ)で青梅街道を分岐し,両者の第1宿を兼ねる。江戸日本橋まで2里(8km足らず),西の次の宿へは甲州道中の下高井戸宿まで2里,青梅街道の中野村まで20丁(2km余)である。…

※「青梅街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青梅街道の関連情報