コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大雲取山 おおくもとりやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大雲取山
おおくもとりやま

和歌山県南東部,那智山の一部をなす山。標高 966m。那智勝浦町新宮市の境に位置し,北方の小雲取山に対する。かつては熊野街道中辺路の一部が山の南西側を通り,これを大雲取越,小雲取越と呼び,熊野参詣道難路であったが,第2次世界大戦後,熊野川に沿う国道 168号線の開通に伴い廃道となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大雲取山
おおくもとりやま

和歌山県南部、新宮(しんぐう)市と那智勝浦(なちかつうら)町にまたがる山。那智山の北側に連なる山塊の総称で、最高965.7メートル。第三紀熊野酸性岩からなり、熊野川の支流赤木(あかぎ)川から北を小雲取(こぐもとり)山という。那智山と熊野本宮を結ぶ熊野街道中辺路(なかへち)が通り、大雲取越(ごえ)、小雲取越の険路として知られ、峰高く雲をとらえるようなので雲取と称したという。現在古道として保存されている。なお、1995年(平成7)大雲取山から320キロメートルも離れた富士山の撮影に成功、この山が富士山が見えるもっとも遠い地点となっている。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大雲取山の言及

【雲取山】より

…標高2018m。雲採山とも書き,大雲取(おおくもとり)山とも呼ぶ。東京都の最高峰で,山名は雲に手のとどく高峰の意。…

※「大雲取山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大雲取山の関連キーワード那智勝浦[町]那智

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android