コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲取山 くもとりやま

7件 の用語解説(雲取山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲取山
くもとりやま

東京,埼玉,山梨の1都2県にまたがる山。東京都の最高峰。標高 2017m。多摩川の支流,日原川の水源にあたり,北および東斜面は原生林地帯。登山者が多い。秩父多摩甲斐国立公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くもとり‐やま【雲取山】

東京都・埼玉県・山梨県の境にある山。標高2017メートル。東京都では最高峰。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

雲取山【くもとりやま】

東京都と埼玉・山梨両県の境界,秩父山地東部にある山。北の白岩山妙法ヶ岳とともに三峰(みつみね)山と呼ぶ。標高2017m。中生層の砂岩,ケツ岩,石灰岩,角岩からなり,東西の山稜は荒川多摩川の分水界をなす。
→関連項目奥多摩埼玉[県]秩父山地日本百名山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くもとりやま【雲取山】

東京都,山梨県,埼玉県の境界にある秩父山地東部の山。標高2018m。雲採山とも書き,大雲取(おおくもとり)山とも呼ぶ。東京都の最高峰で,山名は雲に手のとどく高峰の意。東京都の水源林で,多摩川支流日原(につぱら)川,荒川の水源をなし,東・北面は原生林,南・西面は草生地となっている。北につづく白岩山(1921m),妙法ヶ岳(1332m)の2峰とあわせて三峰山ともよばれ,妙法ヶ岳の北にある三峰神社の信仰対象であり,修験の山であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くもとりやま【雲取山】

秩父山地東部の山。東京都内の最高峰。埼玉県と山梨県の境にある。海抜2017メートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都(埼玉県・山梨県)〕雲取山(くもとりやま)


東京・埼玉・山梨の3都県境にそびえる山。奥秩父(おくちちぶ)連峰の東端にあたる。標高2017mは東京都の最高点。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。北の妙法ヶ(みょうほうが)岳・白岩(しろいわ)山とともに三峰(みつみね)山とよばれ、信仰の山とされる。埼玉県側の三峯神社からと、東京都奥多摩(おくたま)町からの登山口がある。秩父多摩甲斐(かい)国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲取山
くもとりやま

東京、埼玉、山梨の3都県境にそびえる山。標高2017メートル。東京都の最奥で最高の地点である。この山と白岩山(しらいわやま)、妙法ヶ岳(みょうほうがたけ)の3山で三峰山(みつみねさん)ともいい、中生代の大滝層群の地層からなる。秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園に属し、頂上は展望がよい。登山道は埼玉県秩父側の三峯神社に始まり、三峰雲取自然研究路を経て頂上から東京都奥多摩町に至るものが、もっとも代表的。このほか、雲取山頂から西方に山々を越えて甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)に至る縦走コースもある。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雲取山の言及

【三峰山】より

…埼玉県秩父郡大滝村,荒川上流域にある秩父山地中の山。古くは妙法ヶ岳(1332m),白岩山(1921m),雲取山(2018m)の3峰を三峰と称し,近世における山岳修験の聖地であったが,現在は三峰神社のある標高1102mの山のみを三峰山と呼ぶようになっている。秩父古生層の砂岩やケツ岩からなり,全山が杉,ヒノキの古木におおわれている。…

※「雲取山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雲取山の関連キーワード雁坂峠秩父埼玉県秩父市浦山埼玉県秩父市久那埼玉県秩父市栃谷埼玉県秩父市中町埼玉県秩父市番場町埼玉県秩父郡東秩父村埼玉県秩父市別所東京都神津島村秩父山

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雲取山の関連情報