天中軒雲月(読み)てんちゅうけんうんげつ

日本大百科全書(ニッポニカ)「天中軒雲月」の解説

天中軒雲月
てんちゅうけんうんげつ

浪曲師。

[秩父久方]

初代

(1895―1945)本名原田定治。佐賀県生まれ。早熟の天才型で、桃中軒雲右衛門(とうちゅうけんくもえもん)の去った九州でたちまち第一人者になり、1912年(明治45)1月に上京しその片鱗(へんりん)をみせた。大正期には鼈甲斎虎丸(べっこうさいとらまる)、木村重友、東家楽燕(あずまやらくえん)とともに四天王に数えられたが、36歳のおり精神に異常をきたして引退した。

[秩父久方]

2代

(1909―95)本名伊丹(いたみ)とめ。東京・浅草生まれ。前名藤原朝子(ともこ)。天中軒雲月嬢を経て、1934年(昭和9)2代目を継ぎ、『杉野兵曹長の妻』や『九段の母』で大当りをとった。映画にも出演、「七つの声」の異名で人気があったが、第二次世界大戦後、伊丹秀子と改名した。3代目(1928―87)はその二女豊子が継ぎ、4代目(1916―95)は秀子の弟子の立石弘が50年(昭和25)に襲名、浪曲協会会長を務めるなど活躍した。

[秩父久方]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の天中軒雲月の言及

【浪花節】より

…そういう彼らの芸を全国に普及させた媒体として,明治末期からさかんになったレコードの存在を忘れてはなるまい。これから浪花節の黄金時代を現出し,一心亭辰雄(のち講談界に転じて服部伸(はつとりしん)となる),木村重松(しげまつ),港家大夢,東家三叟(あずまやさんそう),早川辰燕(たつえん),春日亭清吉,浪花亭峰吉,木村重勝,岡本鶴治,日吉川秋水などの俊秀が並び立ち,つづいて鼈甲斎虎丸(べつこうさいとらまる),2代東家楽遊(らくゆう),東家楽燕(らくえん),木村重友,木村友衛(ともえ),初代天中軒雲月(うんげつ)などが大正期の浪曲界に活躍した。 このように各派に名手が輩出して全国に流行した浪花節も,大正中期以後,落語,講談とともに映画の進出に圧倒されて衰退の傾向をたどっていたが,昭和時代にはいって,満州事変以後,太平洋戦争にかけて,国家主義的な時代風潮を背景にして,ふたたび隆盛の様相を呈した。…

※「天中軒雲月」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android