コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天平の甍 てんぴょうのいらか

5件 の用語解説(天平の甍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天平の甍
てんぴょうのいらか

井上靖長編小説。 1957年刊。日本律宗の祖鑑真 (がんじん) の来朝という古代史の事実を,彼を招くために海を渡った5人の留学僧を配して描く。近代歴史小説の新しい可能性を示唆した作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てんぴょうのいらか〔テンピヤウのいらか〕【天平の甍】

井上靖の長編小説。遣唐使となった僧侶たちの運命を描く歴史小説。昭和32年(1957)刊行。昭和33年(1958)第8回芸術選奨受賞。昭和55年(1980)熊井啓監督により映画化。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

天平の甍(いらか)

1980年公開の日本映画。監督:熊井啓、原作:井上靖による同名の歴史小説、脚本:依田義賢。出演:中村嘉葎雄大門正明、浜田光夫、草野大悟、田村高廣井川比佐志ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てんぴょうのいらか【天平の甍】

井上靖(1907‐91)の歴史小説。1957年《中央公論》に連載。同年12月中央公論社より刊行。日本の仏教に戒律をもたらすために,唐の高僧鑑真を招こうとして遣唐船で唐に渡った留学僧たちの物語。出奔して托鉢僧になる者もあり,還俗して唐の女と結婚する者もいたが,結局一見平凡に見えた普照が鑑真を伴い,嵐をついて日本にたどりつく。一行の業行が永年にわたって写経した経巻を嵐のために海に投ずる場面は感動的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天平の甍
てんぴょうのいらか

井上靖(やすし)の長編小説。1957年(昭和32)3~8月『中央公論』に連載、同年中央公論社刊。奈良時代、日本に仏教の戒律をもたらすために、4人の留学僧が遣唐船で渡唐し、高僧鑑真(がんじん)を苦心のすえに日本に招いてくる経緯を描いた歴史小説。写経僧業行が20年かかって写した膨大な経巻を帰路暴風のため海中に投ずるくだりはもっとも印象的である。長編歴史小説第一作であり、文化史小説的性格をもつ。内面描写を拒否した井上の歴史小説の叙事的スタイルはこの作品で確立された。芸術選奨受賞。[福田宏年]
『『天平の甍』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天平の甍の関連キーワード井上靖賊将大草原剣と笛婆沙羅もののふ若き獅子井上靖記念館中崎山荘《歴史小説論》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天平の甍の関連情報