コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出石神社 イズシジンジャ

デジタル大辞泉の解説

いずし‐じんじゃ〔いづし‐〕【出石神社】

兵庫県豊岡市出石町宮内にある神社。祭神は出石八前大神(いずしのやまえのおおかみ)と天日槍命(あめのひぼこのみこと)。但馬(たじま)一の宮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

出石神社【いずしじんじゃ】

兵庫県出石郡出石町(現・豊岡市)に鎮座。旧国幣中社。八種神宝(やくさのかんだから)をまつる。垂仁天皇のとき,渡来人天日矛(あめのひぼこ)がその家宝の八種の神宝をまつったのに始まるという。
→関連項目出石[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

出石(いずし)神社

兵庫県豊岡市にある神社。創祀は不明。祭神は天日槍命(あめのひぼこのみこと)、出石八前大神(いずしやまえのおおかみ)。但馬国一之宮。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いずしじんじゃ【出石神社】

兵庫県出石郡出石町に鎮座。天日槍(あめのひぼこ)命,出石八前大神をまつる。《日本書紀》垂仁天皇の,また《播磨国風土記》宍禾(しさわ)郡の条には,新羅の王子天日槍命が神宝を持って播磨国に来たとき,詔により播磨国宍粟(しさわ),淡路島出浅(いであさ)邑を賜ったが,さらに住むところを賜りたいとして,近江,若狭などを回り,但馬に行き,そこを住む所としたことが記されているが,その持ち来たった神宝八種(八前大神)をまつったのが本社の起源。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いずしじんじゃ【出石神社】

兵庫県豊岡市出石町宮内にある神社。但馬たじま国一の宮。新羅しらぎの王子天日槍あまのひぼこの将来したという八種の神宝を神体とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出石神社
いずしじんじゃ

兵庫県豊岡(とよおか)市出石町宮内(いずしちょうみやうち)に鎮座。祭神は天日槍命(あめのひぼこのみこと)、出石八前大神(やくさのおおかみ)。社伝によると、垂仁(すいにん)天皇のとき天日槍命が来朝して当地を開拓したので、その徳を敬慕し、命が奉持していた八種(やぐさ)の神宝を八前大神として祀(まつ)ったとされている。『延喜式(えんぎしき)』では名神(みょうじん)大社。但馬(たじま)国一宮として崇敬され、1871年(明治4)官幣中社に列格した。例祭は10月20日。11月22、23日には御年花(おはなびら)祭が行われる。社宝に国の重要文化財指定の脇差(わきざし)1振があり、境内に禁足地が残されている。[吉井貞俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

出石神社の関連キーワード兵庫県豊岡市出石町宮内日本神話の神々天日槍・天日矛兵庫県豊岡市天のひぼこ桜井 勉たじま出石川神体

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出石神社の関連情報