コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天津罪・国津罪 あまつつみくにつつみ

世界大百科事典 第2版の解説

あまつつみくにつつみ【天津罪・国津罪】

日本古代で祭祀によって除去されるべき犯罪や災害の総称。《古事記》や《日本書紀》の神代の巻にはアマテラス(天照)大神の農耕や祭祀を妨害したスサノオ(素戔嗚)神のさまざまな罪があげられ,《古事記》の仲哀天皇の段にもそのような罪による穢(けがれ)を除去するために〈国の大祓(おおはらえ)〉をしたことがみえる。それらは後の〈大祓詞〉という祝詞(のりと)で天津罪と国津罪とに分けられ,前者としては(1)畔放(あはなち),(2)溝埋(みぞうみ),(3)樋放(ひはなち),(4)頻蒔(しきまき),(5)串刺(くしざし),(6)生剝(いけはぎ),(7)逆剝(さかはぎ),(8)屎戸(くそへ)(脱糞の意)の8種,後者としては(1)生膚断(いきはだだち),(2)死膚断(しにはだだち),(3)白人(しろひと),(4)胡久美(こくみ)(瘤(こぶ)や疣(いぼ)など),(5)己が母犯せる罪,(6)己が子犯せる罪,(7)母と子と犯せる罪,(8)子と母と犯せる罪,(9)畜(けもの)犯せる罪,(10)昆虫(はうむし)の災,(11)高津神の災,(12)高津鳥の災,(13)畜仆(たお)し,(14)蠱物(まじもの)する罪の14種が列挙されるに至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone