コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平洋ベルト地帯 タイヘイヨウベルトチタイ

デジタル大辞泉の解説

たいへいよう‐ベルトちたい〔タイヘイヤウ‐〕【太平洋ベルト地帯】

南関東から中京阪神瀬戸内を経て北九州に至る連続的な工業先進地帯。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

太平洋ベルト地帯【たいへいようベルトちたい】

東京湾岸から西方東海,近畿,瀬戸内,九州北部へ連なる帯状の地域の通称。札幌をのぞく百万都市が全て含まれ,日本の人口・産業・経済活動の大半が集中。戦後の新しい工業基地形成が検討された際に使われた工業立地政策上の用語で,既成工業地の中間に新しい工業都市を連鎖状に開発していく構想が示されたが,実際には採用されなかった。
→関連項目工業地域瀬戸内工業地域東海工業地域

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいへいようベルトちたい【太平洋ベルト地帯】

南関東から西方の東海地方,近畿地方中央部,山陽地方を経て九州地方北部へ連なる帯状の地域の通称。札幌市仙台市を除く政令指定都市のすべてと東京23区を含み,全国の人口・産業・経済活動の7~8割が集中している。日本の工業地域としては第2次大戦前から京浜,中京,阪神,北九州の四大工業地帯が成立していたが,戦後,経済審議会産業立地小委員会で新しい工業基地の形成を検討した際に提案された〈太平洋ベルト地帯構想〉は,第1次全国総合開発計画(1962策定)においてはとり上げられないこととなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいへいようベルトちたい【太平洋ベルト地帯】

京浜・東海・中京・阪神・瀬戸内・北九州間に帯状に伸びた人口・工業の集中した地域。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太平洋ベルト地帯
たいへいようべるとちたい

南関東から中京、阪神、瀬戸内を経て北九州に至る連続的な産業・経済先進地帯をいう。この呼称は、1960年(昭和35)池田内閣の所得倍増計画に基づく産業基盤強化のための公共投資重点配分地域を決定するため、翌年8月経済審議会産業立地小委員会によってたてられた太平洋ベルト地帯構想によっている。ただし、地理的には瀬戸内、北九州のように太平洋岸とはいえないものを含み、地域の呼称としてあまり適切とは思われない。むしろ日本主軸地帯とでもすべきであろう。東海道メガロポリスはこの一部である。この構想では、自由主義経済体制のもとでは工業立地は企業が本来自由に決定すべきであるが、産業基盤の整備は当面この地帯に重点的に推進すべきであるとされた。その後、地域間格差是正が強く主張され、新産業都市建設促進法(1962)、新全国総合開発計画(新全総、1969)、三全総(1977)、四全総(1987)、五全総(1998)などが次々と打ち出され、このベルト地帯を特別に取り上げた整備などは問題にされなくなったが、この地帯の先進性・重要性が失われたわけではない。[高野史男]
『安芸皎一他編『図説日本国土大系5 日本の工業と工業地帯』(1967・誠文堂新光社) ▽石橋俊治・御園喜博著『太平洋ベルト地帯〈東海地域〉を中心として』(1975・東京大学出版会) ▽阿部和俊・山崎朗著『日本の地域構造と地域政策』(1993・ユニテ)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

太平洋ベルト地帯の関連キーワードインドの産業大動脈構想第5次全国総合開発計画日本列島改造論中部電力(株)多軸型国土構造名神高速道路島根(県)第二国土軸労働移動金属工業安芸皎一中国地方山陽本線南関東離村

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android