コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽のない街 たいようのないまち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太陽のない街
たいようのないまち

徳永直長編小説。 1929年発表。 3000人近い従業員をもつ大印刷工場が労働組合の無力化をはかり,38人を解雇したためストライキが発生,結局は大正末期の時代的,社会的未成熟状況に加えて,当局側と経営者側との巧妙かつ強圧的な作戦によって労働者側の敗北に終る。その経過を革命的な立場から社会的視野に立って描き,荒削りながら労働者個々の人間像もとらえられている。劇化 (1930) もされ,諸外国語にも翻訳されて,プロレタリア文学史上,記念碑的な作品の一つとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

太陽のない街【たいようのないまち】

徳永直(すなお)の長編小説。1929年《戦旗》に連載。作者の体験した1926年の共同印刷争議に取材し,多くの人間像を通して下積みの労働者の闘争を描いたプロレタリア文学の代表作の一つ。
→関連項目岡本文弥

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

太陽のない街

1954年公開の日本映画。監督:山本薩夫、原作:徳永直による同名小説、脚色:立野三郎、撮影:前田実。出演:日高澄子、桂通子、薄田研二、永田靖、加藤嘉、二本柳寛、信欣三ほか。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいようのないまち【太陽のない街】

徳永直(すなお)の長編小説。1929年《戦旗》に連載,《日本プロレタリア作家叢書》4として戦旗社刊。徳永がその中心にあって体験した東京小石川共同印刷争議は約2000人の労働者が60日に及ぶ争議を闘った労働運動史上画期的なものだった。その体験の小説化である本作は,高台下のどぶ川に沿う谷底の,陽の当たらぬトンネル長屋,窮迫してゆく貧民の生活,行商で支える組合婦人部,闘士やダラ幹や裏切者や資本家や暴力団や警察などの多彩な動きを縫って芽生えた愛情を伸ばしてゆく若い男女の姿が美しく,争議敗北後〈旗を守れ〉と叫ぶ青年たちの不屈ぶりも印象的な作品である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいようのないまち【太陽のない街】

小説。徳永直作。1929年(昭和4)「戦旗」に連載。作者自身も参加した、26年の共同印刷争議を労働者の側から描く。日本プロレタリア文学の代表作の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太陽のない街
たいようのないまち

徳永直(すなお)の長編小説。1929年(昭和4)6~9月、11月雑誌『戦旗』に連載。同年12月、戦旗社刊。作品の題材は、徳永が体験した1926年(大正15)の共同印刷の大争議である。従業員3000名をもつ大同印刷の、会社側の労働組合破壊活動と組合側のストライキ闘争を主軸に、小石川の谷底の「東京随一の貧民窟(ひんみんくつ)トンネル長屋」すなわち「太陽のない街」に住む労働者たちの窮迫した生活に焦点をあて、また、闘争の指導的分子萩村(はぎむら)、友人の宮地、婦人部の高枝、その妹の加代ら労働者のさまざまな姿と、資本家側の策謀を立体的に描いている。主要人物たちが類型的で造形不足などの弱点はあるが、作者の実体験に支えられた描写とプロットの展開は、労働者仲間に読んでもらうことを第一の目的とした意図を十分果たしており、小林多喜二(たきじ)の『蟹工船(かにこうせん)』(1929)と並んで日本プロレタリア文学の記念碑的作品となった。のちに舞台化、映画化もされている。[大塚 博]
『『太陽のない街』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の太陽のない街の言及

【共同印刷争議】より

…評議会の指導下に,組合側は〈アジト〉を設け,〈細胞〉を組織し,他組合の支援をうけて奮闘したが,労働者の足並みが乱れ,ついに争議団全員1180人の解雇という惨敗に終わった。徳永直《太陽のない街》(1929発表)は,同争議の体験にもとづく小説である。【三宅 明正】。…

【評議会】より

…実際に26年11月から27年3月に起きた健康保険法関係の争議68件中,44件が評議会の関与したものであった。総同盟など他の組合に比べ,はるかに多くの争議を指導したが,なかでも有名なものは徳永直の《太陽のない街》で知られた共同印刷争議,浜松の日本楽器争議である。 評議会はまた共産党の合法部隊として,無産政党結成運動でも大きな役割を果たした。…

※「太陽のない街」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太陽のない街の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助田坂具隆

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone

太陽のない街の関連情報