コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽スペクトル たいようスペクトルsolar spectrum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太陽スペクトル
たいようスペクトル
solar spectrum

太陽の光を,分光器を通して見たときにできる色の帯。スリットプリズムを通して得る太陽スペクトルは,赤からすみれ色にいたる連続スペクトルで,これは光球表面からの熱放射である。これを背景に,フラウンホーファー線と呼ばれる無数の細い暗線が走っているが,これは太陽および地球の大気の吸収によるもので,地球大気による吸収線のほうは太陽スペクトルには属さない。太陽大気による吸収のうちでは,電離カルシウムによるH線およびK線が最も強く,その他水素,マグネシウムナトリウムなどの吸収が目立つ。総数は2万本以上に達し,その分析によって,太陽大気成分が分析できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいようスペクトル【太陽スペクトル solar spectrum】

太陽の発する光を分光器にかけて7色に分けたとき得られる光の分布をいう。広義には,太陽は光のみでなくX線から電波に至る電磁波を放射しているので,それらを波長に分けた分布をいう。可視光線で太陽のスペクトルをくわしく調べたのはニュートンで1666年のことであった。太陽の可視域のスペクトルは図1に示すように温度約6000Kの黒体放射に近い。強度がもっとも強いのは青から緑色の0.44~0.5μmの波長間であるが,強度が1/2になる波長は0.35μmと0.84μm,また強度が1/10になる波長は0.27μmと1.7μmである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太陽スペクトルの関連キーワードフォーゲル(Hermann Carl Vogel)チャールズ・エドワード セント・ジョンフランク・ワシントン ヴェリヘルマン・C. フォーゲルP.J.C. ヤンセンスペクトロヘリオグラフアインシュタイン塔フラウンホーファーオングストロームオングストレームフランクランド閃光スペクトルウォラストン太陽観測衛星天体物理学ゼーベック太陽写真儀キルヒホフラングリージャンセン

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android