コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良文化財研究所 ならぶんかざいけんきゅうじょ

3件 の用語解説(奈良文化財研究所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良文化財研究所
ならぶんかざいけんきゅうじょ

独立行政法人文化財研究所を構成する文化財の調査・研究機関。本庁舎の所在地奈良県奈良市二条町。 1952年文化財保護委員会 (→文化庁 ) の付属機関として奈良文化財研究所設立。 1954年奈良国立文化財研究所と名称変更。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なら‐ぶんかざいけんきゅうじょ〔‐ブンクワザイケンキウジヨ〕【奈良文化財研究所】

奈良市にある調査研究機関。独立行政法人国立文化財機構に属する。遺跡・建造物・庭園などの文化財の調査・保存・活用を目的とする。前身は奈良国立文化財研究所

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈良文化財研究所
ならぶんかざいけんきゅうじょ

独立行政法人国立文化財機構文化財保護に関する施設。奈良の文化財研究を中心に、発掘調査や古代都城形成に関する国内外の研究、学術交流などを行う。略して奈文研とよばれる。所在地は奈良市二条町(2014年11月時点で建て替えのため仮庁舎へ移転中)。1952年(昭和27)、平城宮跡特別史跡指定に伴い、奈良文化財研究所として発足した。1954年に奈良国立文化財研究所と改称。2014年(平成26)4月時点の職員数は78名。
 平城宮跡の保存問題をきっかけに平城地区と飛鳥(あすか)地区、藤原宮跡等の発掘調査と研究を行い、資料館で研究や調査の成果を公開、情報発信している。本庁舎のほかに、平城宮跡資料館(奈良市二条町)、藤原宮跡資料室(橿原(かしはら)市)、飛鳥資料館(明日香(あすか)村)などの施設がある。[佐滝剛弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈良文化財研究所の関連情報