コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良紙 ナラガミ

デジタル大辞泉の解説

なら‐がみ【奈良紙】

室町ごろ、奈良地方南部の山麓地帯から産した雑用紙。コウゾを原料とし、薄く柔らかい。やわやわ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

奈良紙【ならがみ】

コウゾを原料とした薄く,柔らかく,強靭(きょうじん)な手すき和紙。広くは奈良地方ですかれた紙を指すが,特に吉野で産するもの(吉野紙)を指すこともある。吉野紙は懐紙や貴重品の包装紙に使われ,また江戸時代には漆をこすのに常用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ならがみ【奈良紙】

広義には奈良地方ですかれた紙をいうが,狭義には同県南部ですかれる吉野紙(楮紙(こうぞがみ))を指す。奈良時代には中央に製紙所が設けられ,大量の大和の紙が存在していたと思われるが,詳細は不明である。古代国家の機構のなかの製紙所が貴族とともに滅び,再び民間の地場産業として再興してくるのは,鎌倉時代の末から室町時代にかけてと思われる。初めは主として奈良の寺院を経て上納されるところから奈良紙,奈良雑紙と呼ばれ,日常雑用に使われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ならがみ【奈良紙】

中世、奈良盆地の南部から産した雑紙。楮こうぞで漉いた、薄くて柔らかな紙。やわやわ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈良紙
ならがみ

奈良県南方の山麓(さんろく)地帯で漉(す)かれた雑用紙。コウゾ(楮)を原料とした薄くて柔らかな紙で、室町時代初期(15世紀)から京都の上層社会で広く使われた。女房詞(ことば)で「やわやわ」とよばれ、当時の日記類によく出てくる。興田庄(こうだのしょう)、柳原(やなぎわら)、十三郷、五位庄(ごいのしょう)などの産地名が文献にみられ、値段も一束(いっそく)(10帖(じょう))が約50文と安く、半紙と同様近世には庶民生活の必需品となった。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例