コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奪う ウバウ

2件 の用語解説(奪うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うば・う〔うばふ〕【奪う】

[動ワ五(ハ四)]
他人の所有するものを無理に取り上げる。「金品を―・う」「自由を―・う」「地位を―・う」
取り去る。取り除く。「命を―・う」「地表の熱を―・う」「雪で通勤の足が―・われる」
注意・関心などを強く引きつける。夢中にさせる。「観客の目を―・う華麗な演技」「あまりの美しさに心を―・われる」
競技などで得点する。また、獲得する。「三振を―・う」「タイトルを―・う」
[可能]うばえる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うばう【奪う】

( 動五[四] )
他人の所有するものを無理に取り上げて自分のものにする。
力ずくで他人のものを自分のものにする。 「金を-・う」
ある人のもっていた権利などを失わせる。 「選挙権を-・う」 「自由を-・う」
ある行為によって相手がそれを持っていない状態にする。 「生きる希望を-・う」 「命を-・う」
ある地位にいる人をやめさせ、かわって自分がその地位につく。 「王位を-・う」
性質や成分などを取り去る。 「熱を-・う」 「水分を-・う」
心や注意などを強くひきつける。気持ちをとらえてしまう。 「目を-・うあでやかさ」 「景色に心が-・われる」
競技などで、得点する。また、タイトルなどを獲得する。 「一挙に五点を-・った」 「チャンピオンの座を-・う」 〔中古以降「むばふ」「ばふ」とも表記される〕
[可能] うばえる
[慣用] お株を- ・心を- ・胆を- ・人目を- ・目を-

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奪うの関連キーワードレンタカー役権私船手伝う盗用綯う人手諂う時効取得借地権付住宅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奪うの関連情報