好誼(読み)こうぎ

精選版 日本国語大辞典「好誼」の解説

こう‐ぎ カウ‥【好誼】

〘名〙 心からの親しみ。意ある交際の気持。よしみ。〔音訓新聞字引(1876)〕
※路上(1919)〈芥川龍之介〉一七「年来の好誼(カウギ)に免じて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「好誼」の解説

こう‐ぎ〔カウ‐〕【好×誼】

心のこもったつきあい。よしみ。「日ごろの好誼に報いる」
[補説]目上の人に対して用いると失礼にあたる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android