懇意(読み)コンイ

デジタル大辞泉 「懇意」の意味・読み・例文・類語

こん‐い【懇意】

[名・形動]
親しく交際していること。仲よくつきあうこと。また、そのさま。「一〇年来懇意にしている」「懇意間柄の人」
親切な心。
「御―の段忝存まする」〈伎・幼稚子敵討〉
[類語]近い緊密接近密接親近近接不可分濃い切っても切れない水いらず親しい近しい心安い気安いむつまじい親密昵懇じっこん懇親別懇ねんご親愛和気藹藹あいあい仲良し気が置けない人なつこい取っ付きやすい懐こい如才ない調子がいいなれなれしい馴染み深いつうつうつうかあ息が合う反りが合う反り馬が合う気が合う肌が合う琴瑟きんしつ相和す打てば響く意気投合心を通わす心が通う胸襟を開く腹を割る心を開く心を許す気を許す肝胆相照らす心を交わす心を以て心に伝うファミリアフレンドリーアットホームドメスティック家庭的打ち解ける解け合う馴染む親しむ友情友愛友誼親睦深交交際付き合い交わり人付き合い触れ合い社交交友交遊友好親交交歓交情厚誼高誼好誼よしみ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「懇意」の意味・読み・例文・類語

こん‐い【懇意】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 親切な心。心のこもった接し方をしようとする心。また、周到な心。〔日葡辞書(1603‐04)〕
  3. ( 形動 ) 仲の良いこと。親しいこと。また、そのさま。昵懇(じっこん)。懇親。
    1. [初出の実例]「嶋田の宿は懇意之者共故、馬・川越随分念入」(出典:杉風宛芭蕉書簡‐元祿七年(1694)閏五月二一日)
    2. 「始終顔を合せますので何時か懇意(コンイ)になり」(出典女難(1903)〈国木田独歩〉五)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「懇意」の読み・字形・画数・意味

【懇意】こんい

親切。

字通「懇」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android