コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如何なる星の下に

4件 の用語解説(如何なる星の下にの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

如何なる星の下に

1962年公開の日本映画。監督:豊田四郎、原作:高見順による同名小説、脚色:八住利雄、撮影:岡崎宏三。出演:山本富士子加東大介三益愛子池内淳子森繁久彌、池部良、乙羽信子ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いかなるほしのもとに【如何なる星の下に】

高見順長編小説。浅草を舞台に、小説家の「私」がレビュー踊り子思いを寄せるさまを描く。昭和14年(1939)1月から翌年3月まで「文芸」誌に連載。単行本は昭和15年(1940)刊行。昭和37年(1962)豊田四郎監督により映画化。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いかなるほしのもとに【如何なる星の下に】

長編小説。高見順作。1939年(昭和14)「文芸」に連載。浅草を舞台とした踊り子や芸人などの世界に、戦時下の庶民の哀感を風俗詩風に描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

如何なる星の下に
いかなるほしのもとに

高見順の長編小説。1939年(昭和14)1月より1940年3月まで『文芸』に連載された。1940年4月新潮社刊。小説家である「私」は浅草にアパートを借り、近くのお好み焼き屋惚太郎(ほれたろう)に出入りするうちに、レビューの踊り子小柳雅子(まさこ)に心ひかれるようになる。しかし彼女には浅草芸人の恋人がいることがわかり、やるせなさをかみしめねばならなかった。踊り子への慕情をくどくどとつづる饒舌(じょうぜつ)体の文体は、三雲祥之助(しょうのすけ)の挿絵とともに浅草情緒を醸し出すのに効果をあげ、「浅草を背景にして心の風景を書かう」とした作者の意図はみごとに成功している。[遠矢龍之介]
『『如何なる星の下に』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

如何なる星の下にの関連キーワード檜舞台首の座小島の春OUT119考える葉白い手波影白夫人の妖恋私は二歳

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

如何なる星の下にの関連情報