コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如何なる星の下に

大辞林 第三版の解説

いかなるほしのもとに【如何なる星の下に】

長編小説。高見順作。1939年(昭和14)「文芸」に連載。浅草を舞台とした踊り子や芸人などの世界に、戦時下の庶民の哀感を風俗詩風に描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

如何なる星の下に
いかなるほしのもとに

高見順の長編小説。1939年(昭和14)1月より1940年3月まで『文芸』に連載された。1940年4月新潮社刊。小説家である「私」は浅草にアパートを借り、近くのお好み焼き屋惚太郎(ほれたろう)に出入りするうちに、レビューの踊り子小柳雅子(まさこ)に心ひかれるようになる。しかし彼女には浅草芸人の恋人がいることがわかり、やるせなさをかみしめねばならなかった。踊り子への慕情をくどくどとつづる饒舌(じょうぜつ)体の文体は、三雲祥之助(しょうのすけ)の挿絵とともに浅草情緒を醸し出すのに効果をあげ、「浅草を背景にして心の風景を書かう」とした作者の意図はみごとに成功している。[遠矢龍之介]
『『如何なる星の下に』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

如何なる星の下にの関連キーワード三雲 祥之助平岡 精二三雲祥之助崎本 はる池内 淳子然らでだに高見 順突立つ後退り岡崎宏活動哀感庶民