子どものインフルエンザ(読み)こどものいんふるえんざ(英語表記)Influenza of the Child

家庭医学館の解説

こどものいんふるえんざ【子どものインフルエンザ Influenza of the Child】

[どんな病気か]
 インフルエンザウイルスが、おもに呼吸器に感染しておこる病気です。
 インフルエンザウイルスは大きく分けて、A型・B型・C型の3種類あります。毎年流行する、いわゆる流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)というのはA型かB型のウイルスでおこり、C型は流行するのではなく、散発的なかぜ症状をおこします。
 以下、流行性のA型とB型について書きます。この2種のウイルスは、おもに咽頭(いんとう)、結膜(けつまく)、鼻などに炎症をおこし、ときどきくびのリンパ節炎、気管支炎、肺炎をおこします。
 この肺炎の多くは、インフルエンザウイルスによるものもありますが、インフルエンザで弱ったからだに細菌が感染しておこる二次的なものです。
 気道の内側にある粘膜細胞は、その表面にある線毛(せんもう)(細胞レベルの細かい毛)の運動や粘液の分泌によって空気中の異物がからだの奥深くに入ることを防いでいますが、インフルエンザウイルスがこのはたらきをそこないます。粘膜の細胞が死んで剥(は)がれ落ちることもあります。
 そのため、インフルエンザウイルスに感染すると、二次的に細菌に感染しやすくなり、中耳炎(ちゅうじえん)、副鼻腔炎(ふくびくうえん)、肺炎(はいえん)などになりやすいのが特徴です。
 非常に感染しやすいので、学級閉鎖や、家族中がかかる「一家全滅」ということが多いのも特徴です。
[症状]
 感染して症状が現われるまでの潜伏期間は2~3日です。突然、つぎのような症状が現われます。もっとも多い症状は発熱と寒けで、以下、せき、頭痛、のどの痛み、疲労感、鼻水、下痢(げり)などの順となります。
 B型では、筋肉の炎症をおこし、足の痛みをうったえる子どもや、ふくらはぎをつまむと痛がる子どもがいます。めったにありませんが、心臓の筋肉に炎症をひきおこすこともあります。
 また、喉頭炎(こうとうえん)、気管支炎(きかんしえん)、細気管支炎(さいきかんしえん)、肺炎などをおこせば、それぞれの症状が出ます。
 しかし、ふだん健康な子どもなら、ほとんどの発熱は2~4日で終わります。型によっては、2~3日目にいったん熱が下がり、治ったかなと思うと再び2~3日熱が出ることもあります。その後もしばらく、せきやたんが続くことが多いのは、粘膜の機能がもとにもどるのが遅れるためで、それもだんだんに治っていきます。
[治療]
 十分に水分を補給することと安静が第一です。そのほかの手当はかぜ症候群と同じです。
 簡単なキットを使って、鼻やのどの粘膜からインフルエンザウイルスのタイプを調べ、ウイルスのタイプに効果のある薬が処方されます。
 アマンタジンはすぐに耐性ができるので、健康な子どもには使わず、先天的な心臓病とか、重症のぜんそく、免疫の弱い子どもなどの予防と治療に使われるべきでしょう。
 発熱は、ふつうは抑えないほうがいいのですが、頭痛などがあってやむをえない場合にはアセトアミノフェンという鎮痛解熱薬(ちんつうげねつやく)を使い、これだけにとどめておくべきです。とくにアスピリンは、ライ症候群(しょうこうぐん)(コラム「ライ症候群」)というおそろしい病気をひきおこす可能性があるので、使ってはいけません。
 いわゆるかぜ薬には、鎮痛解熱薬が入っていることが多いので使用する際は、医者や薬剤師によく聞いて選んでください。何が入っているかわからない場合は、使わないほうが無難です。
[予防]
 かつて、学童にワクチンを接種することで流行を抑えようとする試みが続けられてきましたが、失敗しました。
 今の注射のワクチンにかわって、より効果的と考えられる鼻につける生ワクチンが開発されつつあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子どものインフルエンザの関連情報