コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建築協定 けんちくきょうてい

7件 の用語解説(建築協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建築協定
けんちくきょうてい

建築物の敷地,位置,構造,用途,意匠あるいは緑化の方法などについての協定を住民自身が行ない,建築基準法で定める内容より高い水準で基準を取り決めることのできる制度。具体的には,敷地規模,壁面線の後退,建物の用途制限,高さ・階数などを制限する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けんちく‐きょうてい〔‐ケフテイ〕【建築協定】

建築基準法などの一般的制限以外に、市町村条例で決める一定区域内で、関係権利者の全員の合意のもとに、建築の敷地・構造・意匠などについて取り決める協定。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

建築協定【けんちくきょうてい】

住宅地の環境や商店街の利便を高度に維持増進するため,市町村が条例で定める一定区域内の土地・建築物の所有権者および使用権者の間で,建築物の敷地・位置・構造・用途・形態・意匠・建築設備に関する基準を協定したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

不動産用語辞典の解説

建築協定

土地の所有者や借地権者が、一定の区域を定めて建築物の敷地、位置、構造、用途、形態、意匠または建築設備に関する基準について締結する協定を「建築協定」といいます。住宅地としての環境はもちろんのこと、商店街としての利便を高度に維持増進することを目的とし、協定区域の所有者全員の同意と特定行政庁の認可が必要です。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

建築協定

市町村が条例で定めた区域内では、土地所有者や借地権者がその区域内における住環境を守るために建築物の敷地、位置、構造、用途、形態、デザイン、建築設備の基準について取り決める協定のこと。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けんちくきょうてい【建築協定】

住宅地の良好な環境や,商店街の利便をより高度に維持・増進する等の目的で,一定の区域について,法の定める最低基準を超えた基準を定める協定で,地域住民の共同の意思にもとづく街づくりの効果的手段である。建築基準法第4章にその規定がある。建築物の敷地,位置,構造,用途,形態,意匠または建築設備等に関する基準を,土地の所有者および建築物の所有を目的とする地上権者・賃借権者の全員の合意によって定めた協定が特定行政庁により認可・公告されると,転入者にも効力が及び協定の安定性が担保されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けんちくきょうてい【建築協定】

市町村の建築協定条例に基づき、一定の区域内の関係権利者全員の合意のもとに、建築物の構造・用途・形態・意匠などに関する基準を定める協定。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の建築協定の言及

【建築基準法】より

…同時に建築基準法の関連法として,建築関係技術者の資格を定める建築士法(昭和25年法律第202号)が制定され,先に公布された建設業法(昭和24年法律第100号)とともに建築に関する基本的な法体制が確立された。 建築基準法は建築自体を規制する法令であり,大別すると,(1)適用範囲,手続関係に関する規定,(2)建築物個々に関する単体規定,(3)建築物の集団としての整合性を求める集団規定(建築密度など),(4)そのほか建築協定,建築審査会などに関する規定などになる。手続に関しては,建築行政に関する専門的知識と経験を有する建築主事を置き,建築着工前に建築計画を建築主事に申請して確認を受ける。…

※「建築協定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

建築協定の関連キーワード住宅地地方住宅供給公社生活道路ウェブ商店街仮想商店街川端商店街の火災全国の商店街県商店街活性化条例天神橋筋商店街第ニ種中高層住居専用地域

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

建築協定の関連情報