コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝川 しばかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芝川
しばかわ

静岡県中部,富士宮市西部の旧町域。富士川沿いに位置し,西は山梨県に接する。1957年富原村と柚野村が合体して町制。2010年富士宮市に編入。農業が中心で,米作のほか野菜,チャ(茶)などの栽培と畜産が行なわれる。駿河半紙の特産地。古刹西山本門寺は紺紙金字法華経をはじめとする国指定重要文化財の寺宝を所蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芝川
しばかわ

静岡県北東部、富士郡にあった旧町名(芝川町(ちょう))。現在は富士宮(ふじのみや)市の南西部を占める地域。1957年(昭和32)富原、柚野(ゆの)の2村が合併して町制施行。2010年(平成22)富士宮市に編入。富士川が旧町域のほぼ中央を峡谷をなして横断し、左岸沿いにJR身延(みのぶ)線が通じる。また、北部を国道469号が横断する。芝川駅周辺がこの地区の中心部をなす。山地が80%を占め、集落、耕地は、富士川に合流する芝川、稲瀬川の河谷に集中。米麦を主に茶栽培、養豚を行う。タケノコは特産。パルプ・紙加工、木材工場がある。西山本門寺は日蓮(にちれん)ゆかりの法華経(ほけきょう)、法華証明鈔(しょうみょうしょう)(国指定重要文化財)などを所蔵。北西部には稲子川温泉があり、1990年(平成2)その北側に新稲子川温泉が湧出(ゆうしゅつ)した。[川崎文昭]
『『芝川町誌』全2巻(1973、1985・芝川町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

芝川の関連キーワードラ・フォンテーヌ・バカンス田貫橋大宮(埼玉県さいたま市)川崎ブレイブサンダースハンチョン(韓城)市芝川町の合併問題富士山静岡空港原市(埼玉県)さいたま(市)静岡県富士宮市芝川 又右衛門富士宮(市)見沼通船堀芝川[町]浦和[市]大宮[市]見沼代用水堀内 長栄大鹿窪遺跡駿河柚野紙音止の滝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芝川の関連情報