安重根(読み)あんじゅうこん(英語表記)An Jung-gǔn

  • 1879―1910
  • あんじゅうこん / アンジュングン
  • あんじゅうこん ‥ヂュウコン
  • あんじゅうこん〔ヂユウコン〕
  • アンジュングン
  • 安重根 An Chunggǔn
  • 安重根 あん-じゅうこん
  • 安重根 アン-ジュングン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]高宗16 (1879). 黄海道,海州
[没]隆煕4 (1910).3.26. 関東州
近代朝鮮の民族主義者。伝統的な儒学教育を受け,のちキリスト教に改宗した。義兵運動に参加したが失敗し,国外に逃亡。隆煕3(1909)年満州に潜伏し,前韓国統監伊藤博文ハルビン駅頭で暗殺(→ハルビン事件),同 4年処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

伊藤博文を暗殺した朝鮮民族主義者。黄海道海州の出身。幼時に黄海道信川に移住し,1894年の甲午農民戦争時には父の進士泰勲に従って政府側の義兵を起こし同地の東学党農民軍を破った。その後フランス人宣教師から受洗しカトリック教徒となる。1904年,朝鮮が日本の軍事支配下に入ると国権回復の志を強くし,上海に行き同地在留の朝鮮政府旧高官などに運動を呼びかけたが失敗して帰国。06年平安南道鎮南浦に移り,敦義・三興の両学校を設立した。07年中国北間島を経てウラジオストクに赴き,同地を拠点として李範允らと義兵(義兵闘争)を組織する。08年6月義兵を率いて咸鏡北道へ進撃したが敗退。09年前韓国統監伊藤博文のハルビン訪問を知り,その殺害を計画し,1909年10月ハルビン駅で前韓国統監伊藤博文を暗殺。日本軍に捕らえられ関東都督府地方法院で死刑判決を受け,翌年3月旅順監獄で処刑された。当時の関東都督は長州出身の大島義昌大将で安倍晋三首相はその玄孫である。安重根は,朝鮮では義士とたたえられ,その行動と日本帝国主義批判はのちの朝鮮民族独立運動に大きな影響を与え,韓国ではもっとも人気のある国民的英雄の一人である。著作に《東洋平和論》がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1879-1910 朝鮮の独立運動家。
高宗16年7月16日生まれ。1905年第2次日韓協約(乙巳(いっし)保護条約)の締結による日本の侵略に抗議,愛国啓蒙運動にくわわる。1907年ウラジオストクに亡命し,抗日義兵運動を展開。1909年ハルビン駅で伊藤博文(ひろぶみ)を射殺。隆煕4年3月26日処刑された。32歳。黄海道出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1879‐1910
朝鮮の独立運動家。字は応七。黄海道海州の生れ。幼時に黄海道信川に移住し,1894年の甲午農民戦争時には父の進士泰勲に従って政府側義兵を起こし同地の農民軍を破った。その後フランス人宣教師から受洗しカトリック教徒となる。1904年,朝鮮が日本の軍事支配下に入ると国権回復の志を強くし,上海に行き同地在留の朝鮮政府旧高官などに運動を呼びかけたが失敗して帰国。06年平安南道鎮南浦に移り,敦義・三興の両学校を設立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大韓帝国(1897~1910。略称、韓国)末期の愛国運動家。現在の北朝鮮黄海南道(こうかいなんどう/ファンヘナムド)海州(かいしゅう/ヘーチュ)出身。字(あざな)は応七(ウンチル)。幼いころから射撃の名手として知られた。1894年、韓国南部で発生した甲午(こうご)農民戦争(東学党の乱)で、父親に従って農民軍の鎮圧に従事。1895年、キリスト教の洗礼を受けた(洗礼名はトーマス)。1905年(明治38)、韓国の外交権を日本に移して韓国を日本の保護国とする第二次日韓協約(乙巳(いっし)保護条約)が締結され、伊藤博文(ひろぶみ)が初代統監に就任すると、安重根は救国の方法を探るために、清国の上海(シャンハイ)に行った。1906年に帰国後は、鎮南浦(ちんなんぽ/チンナムポ)で三興学校を設立するなど、教育活動を通じた救国運動である愛国啓蒙(けいもう)運動に従事した。1907年、高宗(こうそう)皇帝がオランダのハーグで開かれた平和会議に密使を送ったハーグ密使事件が起きると、伊藤は高宗皇帝を退位させ、純宗(じゅんそう)皇帝を即位させた。さらに、韓国の内政権を日本が掌握する第三次日韓協約(丁未(ていび)約条)が締結され、韓国軍は解散させられた。このような状況のなか、安重根はロシアのウラジオストクに亡命、そこで日本に抵抗する義兵活動を行った。1909年5月、伊藤は韓国統監を退き、枢密院議長となった。伊藤が、満州(現在の中国東北地方)のハルビンでロシアの蔵相ココーフツォフVladimir Nikolayevich Kokovtsov(1853―1943)と満州・朝鮮問題について会談するとの情報を得た安重根は、1909年10月26日、列車内での会談を終えてハルビン駅のプラットホームに降りた伊藤を狙撃、射殺した。そしてその場でロシア官憲に逮捕されて、日本の司法当局に引き渡され、関東州の旅順(りょじゅん/リュイシュン)監獄に収監された。殺害理由については、伊藤を「大韓独立主権を侵奪した元凶」であり、「東洋平和を乱す者」だからと主張した。獄中で『東洋平和論』を執筆したが未完に終わった。1910年2月14日、旅順の関東都督府地方法院にて死刑が言い渡され、同年3月26日、旅順監獄で刑の執行がなされた。

[武井 一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

朝鮮、李朝末期の独立運動家。黄海道海州の出身。日本の朝鮮侵略の動きに対し、一九〇七年頃から義兵闘争を展開。一九〇九年、ハルビン駅頭で初代韓国統監伊藤博文を射殺し、翌年処刑された。アン=ジュングン。(一八七九‐一九一〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安重根の関連情報