宍粟市(読み)しそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宍粟〔市〕
しそう

兵庫県中西部,揖保川および千種川の流域にある市。中国山地の東端に位置し,北西で鳥取県に,西で岡山県に接する。 2005年山崎町,一宮町,波賀町,千種町の4町が合体して市制。縄文時代から中世にかけての複合遺跡などが残る歴史ある地域。中心集落の山崎は江戸時代,池田輝政の四男輝澄が築城し,城下町として発展。西部の千種は明治以前まで,千種砂鉄の産地として知られた。山地が大部分を占めるため,古くから木材や木工製品,家具などの生産が行なわれる。御形神社は国の重要文化財。北西部の後山三室山一帯は氷ノ山後山那岐山国定公園に,ミズナラ,ブナの原生林で知られる北部一帯は音水ちくさ県立自然公園に,南東部の雪彦山北西麓一帯は雪彦峰山県立自然公園に属する。市の中心部を国道 29号線が縦貫し,429号線と交差。南部を中国縦貫自動車道が通る。面積 658.54km2。人口 3万7773(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宍粟市の関連情報